「第二次世界大戦」にまつわる記事

戦争をひとり生き抜いた少年の実話を映画化した『ふたつの名前を持つ少年』演じるのは性格が正反対のキュートな双子男子!【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかからおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、ドイツ・フランス合作映画『ふたつの名前を持つ少年』(2015年8月15日公開)です。この映画の原作は児童文学「走れ、走って逃げろ」(ウーリー・オルレブ著)。でもこれはフィクションではなく実話に基づいた原作の映画化なのです。第二次世界大戦中、ユダヤ人であったためにナチに狙われた8歳の少年が、ポーランド人と偽り、別名を使ってひたすら逃げて生き延びた物語です。

→ 続きを読む

過去1008年の間に起きた戦争が5分でわかる動画『World Battleground, 1000 years of war in 5 minutes』

人類はこれまで、数え切れないほどの戦争を体験してきました。そして今なお、悲しいことに、世界のどこかで争いごとが続いています。

今回ご紹介するのは、動画サイトyoutubeに投稿されていた、1000年から2008年の1008年間に世界中で起きた戦争を視覚化した映像、『World Battleground, 1000 years of war in 5 minutes』です。映像中にある戦争名のクレジットや爆発の大きさは、戦争の規模を表しているのだそう。そのため観ているだけで、人間が過去に「どこで」「どれほどの規模の」戦争をしてきたかが一目瞭然です。

→ 続きを読む

この100年はまさに『破壊の歴史』だった! 争い続ける人類の歩みを10分で振り返ってみる動画

人類はこれまで、破壊と再生を繰り返して歴史を作ってきたと言っても過言ではないでしょう。戦争や紛争、独裁政治に環境破壊。振り返ればどれをとっても、わたしたちの祖先は決して賢い選択をしてきたとはいえません。

今回ご紹介するのは、動画サイト『youtube』に投稿された、1911年から2011年までの100年を振り返る10分間の映像です。過去100年の間に起きた歴史的な出来事や、その間名を残した多くの人々を知ることのできるこの映像は、人類が歩んできた道が「いかに愚かで血なまぐさいものだったか」ということを、否が応にも強く思い知らされる仕上がりになっています。 → 続きを読む