「美内すずえ」にまつわる記事

バンホーテンと『ガラスの仮面』のコラボ動画に爆笑 / 恐るべきお芝居の才能を開花させていくはずが…ミルクココアでリラックスだと!?

1976年から40年以上に渡って連載中の美内すずえ先生の漫画『ガラスの仮面』。平凡な少女・北島マヤが往年の大女優・月影千草に演劇の才能を見出され、幻の名作「紅天女」めがけてまっしぐらに成長する熱血演劇ストーリーです。

人気漫画だけにさまざまなコラボも展開されてきましたが、2017年11月15日から「バンホーテン ミルクココア」とのコラボ動画がWEB限定で公開中。こちら、ガラかめファンならば間違いなく爆笑してしまう、おそろしい仕上がりになっておりますゾ!

→ 続きを読む

【トラウマ確実!?】美内すずえ先生は『ガラスの仮面』だけじゃない! …と聞いたのでオカルト少女漫画の傑作『妖鬼妃伝』を読んでみた

美内すずえ先生といえば、漫画史上に輝く傑作『ガラスの仮面』の作者。『ガラスの仮面』はドラマ化やアニメ化もされ、世代を問わず多くの人たちに愛されています。

しかし、美内すずえ先生の真骨頂は、実は「オカルト少女漫画」なのだという噂を聞きつけた私。

このたび『妖鬼妃伝』など3作をまとめた「美内すずえセレクション 黒の書」(宝島社)がPouch編集部に送られて来ましたので、今回はレビューしてみたいと思います。

果たして、美内すずえ先生の描くホラーはどんだけ怖いのでしょうか……!?

→ 続きを読む

東京・銀座で「ガラスの仮面展」開催中っ / こだわりが詰まりまくったオリジナルグッズが約200種類もあってヤバイ(白目)

2016年に連載40周年を迎えた演劇少女漫画といえば美内すずえ先生の『ガラスの仮面』です。ストーリーが抜群におもしろいことやどのキャラクターも抜群に魅力的なことで知られており、ただひとつ困るのが待てど暮らせど完結しないことだと評判です(白目)。

それはさておき、2017年9月4日まで東京・銀座の松屋銀座8階で連載40周年を記念した「ガラスの仮面展」が開催中。展示はもちろん見逃せないのですが、こちらの展覧会だけのオリジナルグッズがガラかめ女子の心をくすぐりまくるラインナップなのです!

→ 続きを読む

現在開催中の「ガラスの仮面展」に “紫のバラの人” から花束が…!「真澄サマーー!」「最高に粋な演出」などの声

現在、松屋銀座で開催中の「連載40周年記念 ガラスの仮面展」。漫画『ガラスの仮面』初の本格的な原画展とあって、世代を問わず多くの人でにぎわっているみたい。

そんななか、なんと“あの人”から会場に花束が届いちゃった……! “あの人”とは主人公・北島マヤが慕う男性、紫のバラの人。

何この粋なはからい! こんなんされたらマヤじゃなくても惚れちゃうよねーーっ!!

→ 続きを読む

「白目パフェ」に「泥スムージー」…『ガラスの仮面』のコラボカフェのメニューがヤバすぎる! 名場面を演じながら食べるしかない

2017年7月19日から、大阪・梅田の阪急うめだ本店4F「CHEER’S CAFE&DINING(チアーズ・カフェ・アンド・ダイニング)」にて、演劇漫画『ガラスの仮面』とコラボしたカフェがオープン。

5種類のコラボメニューが展開されているのですが、どれもこれもパンチが効いていて、ガラかめファンならきっと行きたくなるラインアップ

しかしその前に、ガラかめファンならきっとこういいたくなるはず。50巻はまだなのかと……。

愛読すること数十年、岸へも戻れず、沖へもいけない、このもどかしさをどうすればいいのか(白目)。

→ 続きを読む

【今年で連載40周年】『ガラスの仮面』のファンあるある30

2016年に連載40周年を迎えた人気漫画といえば、美内すずえ先生の『ガラスの仮面』(白泉社)です

演劇に人生をかける少女・北島マヤと、そのライバル・姫川亜弓が、演劇界の幻の名作「紅天女」の主役の座を目指して切磋琢磨するストーリー。長きに渡り、大ファンだというオトメも多いのではないでしょうか。

かくいう記者(夢野うさぎ)も『ガラスの仮面』の大ファンのひとり。50巻の発売を心待ちにしているワケですが……昨年11月26日に発売された『別冊 花とゆめ』1月号にて、美内先生の描き下ろしイラストが掲載され、ただいま50巻を執筆中であることが明らかになりました。やった~♪

そこで、新刊が可及的速やかに発売されることを願って、「『ガラスの仮面』のファンあるある30」をお届けします。新刊が可及的速やかに発売されますように!

→ 続きを読む