「肖像画」にまつわる記事

何百人もが集まって有名人の姿に…をイチから全部描く斬新すぎる肖像画! しかも「人々」はとっても個性豊か!!

アメリカのアーティスト、クレイグ・アラン(Craig Alan)さんは、主に有名人をモデルにした肖像画を描いているのですが……。この肖像画がフツーじゃない!

どの肖像画も、一見すると細かい点で描かれているように見えます。ですがよ~く見ると、点だと思っていたひとつひとつの塊が、 “ちっちゃな人間” なのだからスゴイっ。

しかも “ちっちゃな人間” はそれぞれ異なる服装やポーズをしておりまして、プラカードを掲げていたり自転車に乗っていたりとバリエーション豊富。個性豊かな人々が数百も集まってひとつの図形を完成させるというアランさんの作風、どの絵を見ても緻密さにクラクラしてしまうこと必至なんです。

→ 続きを読む

AIが一流画家になる時代!? 人工知能によって描かれた肖像画に約4900万円の値がつきました

2018年10月25日、ニューヨークのオークションハウス「クリスティーズ(Christie’s)」に、ある1枚の絵画が登場。オークションにかけられた結果、事前予想価格の45倍となる、約4900万円の値が付きました。

ここまでは、よくある話。何が驚きかって、この高額がついた絵を描いた作者は、人間の画家ではなく、なんと人工知能・AIだったのです。

エドモン・ド・ベラミ(Edmond de Belamy)という名前のフランス人男性の肖像画らしく、700×700mmの大きさのキャンバスには、19世紀中頃から20世紀初頭にかけて男性用礼装として用いられたフロックコートをまとった男性の姿が描かれています。

→ 続きを読む

どっちが絵でどっちが写真か分かる? 色鉛筆で人物や風景を写真のように描き出すアーティストに驚愕!

Pouchではこれまでも何度か鉛筆でリアルな人物画や風景画を描く人を紹介してきましたが、またまた、というかこれまで以上ともいえる逸材を発見しちゃいました!

アメリカ人女性アーティストのHeather Rooney(ヘザー・ルーニー)さんは色鉛筆で本物そっくりの絵を描くスペシャリスト。それはもう「これは写真だよ」と言われてもたぶん誰もが信じてしまうほどに!

色鉛筆で描いたとわかっていても、見れば自分の目を疑い、頭の中がこんがらがってしまいそう。とにかくそれほどに、どこをどう取ってもリアルなんです!

→ 続きを読む

「キャンパスの上に肖像画を描くよりも楽しい」あえて絵の道具に肖像画を描き続けるアーティストの作品がとってもユニークです♪

アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活動するアーティスト、アレクサンドラ・ディロン(Alexandra Dillon)さんは、絵描きであり彫刻家。ほかの絵描きと違うところは、キャンバスにしているものが極めて独特であるという点です。

ディロンさんがキャンバスにしているのは、アーティストたちから寄贈された使い古しの絵筆古道具など。これにさまざまな肖像画を描いては、この世に2つとないユニークなアート作品を生み出しています。

絵筆やスコップ、刃物や南京錠など、さまざまなものに描かれた顔はどれも印象的で、時間を忘れて見入ってしまうんですよね。

→ 続きを読む

もしもディズニー・プリンセスたちがルネサンス期にいたら? 今とは美の基準が違う肖像画が興味深い!

もはやPouchのシリーズ記事といっても過言ではないもしもディズニー・プリンセスが○○だったら」。

今回はその新バージョンともいえる、「もしもディズニー・プリンセスたちがルネサンス期にいたら」をご紹介します!

おめめパッチリ、スリム体型でおなじみのディズニー・プリンセスたちですが、もしもルネサンス期の美女として生きていたなら……? あらら、美の基準が今とちがうだけに、描かれる肖像画もいつものプリンセスたちとはまったく違ってくるみたい。

→ 続きを読む

自撮り写真がピカソやゴッホの作風に大変身! 画像を投稿するだけで “肖像画” を作成してくれるサイトを見つけたよ♪

多くの有名画家が手掛けている、肖像画。人気画家に描いてもらうことがステイタスシンボルとなっていた時代もありました。

パブロ・ピカソに葛飾北斎、フィンセント・ファン・ゴッホ……。 “巨匠” “天才” などと称される彼らはもうこの世にいないけれど、もしも現世に存在していたとしたら、こんな肖像画を描いてくれるかも?

ご紹介するのは、好きな画像を有名画家たちの画風テイストにアレンジし、再現してくれるウェブサイト、「deepart.io」。

→ 続きを読む

チョークだけでこのクオリティー! 写真と見紛うほどリアルな「黒板肖像画」を発見

黒板にチョークで落書きをした経験、きっとあなたも一度はありますよね。でもここまでのクオリティーは、さすがに出せないかも!?

ご紹介するのは、セビリア生まれの画家Ruben Bellosoさんが描いた、見事なまでの肖像画。弱冠26歳のBellosoさんが製作に用いるのは、黒板とチョーク。この方たったそれだけで、まるで写真かと見紛うような肖像画を描いてしまうんです。

→ 続きを読む