「親」にまつわる記事

アクエリアスCM3部作が「泣ける」と話題に…部活動に励む子どもと支える親の想いが描かれています

2019年10月1日から全国でTV放映されているのは、アクエリアスの新CM『見えない「がんばれ」』シリーズ

YouTubeには『少年野球 篇』『バレー部 篇』『サッカー部 篇』の3作品と、これらを120秒にまとめた『見えない「がんばれ」篇』が公開されています。

今回ご紹介するのは120秒バージョン。3組の親子を通して “部活に励む子どもと陰ながら支える親の想い” が描かれていて、胸がじーんと熱くなるんです。

→ 続きを読む

幼少期「肩車・おんぶ・抱っこ」の中でいちばん好きだったのは? ダントツの1位は「おんぶ」でした

年末年始といえば、帰省シーズン。ひょっとしたら今これを読んでいるあなたも、実家に帰っているところかもしれませんね。

ところでみなさんは、子供の頃に両親にしてもらったことで好きだったのは、抱っこ・おんぶ・肩車のどれだったでしょうか?

大人になるとむしろ “される” ほうではなく “する” ほうになってしまうものですが、幼い頃から過ごしてきた家に帰れば、ふと童心へ帰るもの。この機会に自分はどんなことをしてもらうのが好きだったのか、思い出してみるのもいいかもしれません。

→ 続きを読む

親の「終活」、子供はどう思う? 「ちゃんと相談してほしい」が約7割…一緒に取り組みたいと思う人が多いようです

近年メジャーな言葉となりつつある「終活」。介護や医療から葬儀やお墓、遺言や相続などの整理といった、終焉=死を迎えるための準備活動のことをいいます。

まだまだ若いと思ってはいても、「終活」はいつか直面すること。特に子供の立場から考えてみたなら、ほっといていいことだとは思えなくなるのではないでしょうか。

終活関連サービスを提供する株式会社鎌倉新書が、実親(片親または両親)が存命の40歳以上の男女548名を対象に行ったのは、「親の終活に関する意識調査」

→ 続きを読む

「親は子どもを救えません。また逆に、子どもも親を救えません」叶姉妹が投稿した “親子関係” の言葉が泣けます

ファビュラスなお姿を拝めるだけでなく、心に残る金言まで授けてくださることでおなじみの、叶姉妹のインスタグラム。

2018年2月5日は、ピンク色のバラを手にした姉・恭子さんの写真とともに、親と子の関係の在り方について言及。「『救い』になること」と題されたこちらの投稿は2万超もの「いいね!」を集めています。

→ 続きを読む

「飛哉亜季」「大男」「苺苺苺」「愛保」…今ドキのキラキラネームは読めないなり/Twitterユーザーの声「嘘だろ」「さすがに不憫」

Twitter上で、6月24日発売の週刊誌『週刊現代(7月6日号)』の記事が注目を集めています。今ドキのキラキラネームを紹介するという内容なのですが、そのあまりにも独創的な名前の数々に、Twitterユーザーからは「嘘だろ」や「さすがに子どもが不憫」などの声があがっています。

→ 続きを読む

夫がどんなに親バカかを的確に判別する「親バカ診断」

おや‐ばか【親馬鹿】
わが子かわいさのあまり、子供の的確な評価ができないで、他人から見ると愚かに思える行動をすること。また、その親。(goo辞書より)

「いやいや、俺は親バカじゃないぞ! 俺の子供は本当に天才なんだから仕方ないだろ」って、言ってるそばから親バカぶりを発揮してませんか? あなたの夫。

そんな夫に「自分がどんなに親バカ」かを知らしめるのに画期的なサイトができました。その名も「パパの親バカポテンシャル診断」。

→ 続きを読む

家族。かけがえのない大切な家族。本来は楽しいことも嫌なことも、アナタの色々な感情すべて受け止めてもらえる、かけがえのない居場所のはず。

だけどいつも一緒にいると、つまらないことでケンカをしたりして、なんでこうも上手くいかないんだろうと切なさを感じる人もいるのではないでしょうか。 → 続きを読む

元世界最高齢の母親が、72歳で再び出産を決意!?

かつて66歳という高齢で女の子を出産し、「世界最高齢の母親」になったアドリアナ・イリエスクさん。現在72歳の彼女は、もう一人子供が欲しいと思っているようです。

2005年1月、アドリアナさんは体外受精により娘のエリザ・マリアちゃんを出産。「世界最高齢の母親」となりましたが、2008年11月にインド人のラジョ・デビさん(70)がその記録を塗り替えました。それに触発され、アドリアナさんは「もう一人子供を産むことができるかも」と思い始めたそうです。 → 続きを読む