「陰謀」にまつわる記事

英語でUFO呼ぶとき何て言うか知ってる? オカルト誌「ムー」公式の英会話本が発売されるよ~☆

海外旅行に行くとき、事前に調べておきたいのは旅先で役立つ英会話ですが、あの超常現象専門誌「ムー」が英会話本を発売するそうです。リリース日は2017年8月23日で、現在アマゾンで予約販売を受け付けているのですが……一体どのような内容になっているのでしょうね?

宇佐和通さん著、 石原まこちんさんがイラストを手掛けている、「ムー公式 実践・超日常英会話」(1296円)では、世界のミステリースポットで使える英語を厳選して紹介しています。

もし友人が突然、異星人にさらわれたら。ホテルで超常現象に悩まされたら。現地のUFOツアーに参加することになったら。そんな状況になったとき、この本が必ずやあなたを救ってくれるはず!

→ 続きを読む

仏滅とか友引ってなんなの? 調べてみたらけっこう意外な結果に……仏滅=「縁起のイイ日」の可能性が!

突然ですがみなさん、好きですか仏滅。え、嫌い? じゃあ友引はいかがでしょう。あ、やっぱお嫌い。そうですかそうですよね。

「仏滅に婚姻届出してきました」だの「友引にじいちゃんの法要やるんで万障繰り合わせて」とか言うとパンク野郎、あるいは頭のアレな子扱いされる確率が高い気がします。現実主義がわりと浸透した現代日本なのにですよ、けっこう不思議じゃありません?

そんなふうに思い立ったのは、こないだ一緒に飲んでたツレの男子に酔った勢いで「タルコさん仏滅顔っすよね」とか言われたせいなのですが。(なんだ仏滅顔って!! てか「酔った勢い」の方向がおかしいよ!!)

ともかく、カレンダーを見ると月に何度も「仏滅の日」がある。仏が滅んだ、つまり、ブッダ先生がお亡くなりになった日だよね。それゆえ結婚式なんかのお祝い事にはそぐわない、やたら縁起の悪い日ってことになってる。

でも月に数回なんて、いくらなんでも亡くなりすぎだよなあ。こりゃどういうことだろう? ちょっとばかり調べてみました。以下、そんなの知ってるよー、という方も、温かい目でお見守りくださいませ。

→ 続きを読む