【優しい世界】病気にかかってボロボロだった幼い子犬「クリスティー」……彼女に訪れた劇的な出会いと変化とは?

ワンコのクラスティー・クリスティー(Krusty Kristy)は、元々はホームレス。

皮膚にイヌセンコウヒゼンダニが寄生して炎症を引き起こす「疥癬(かいせん)」という病気に侵された状態で発見、保護された彼女は、「いずれは安楽死」という運命にあったのだそうです。

しかし1人の獣医師との出会いによって、状況は一変。みるみる様態が回復し、全くの別人……ならぬ、別 “犬” となるまでの様子をとらえた映像を、本日はみなさまにご覧いただきたいと思います。

→ 続きを読む