ここ最近、若者の間で流行している90年代ファッション。1990年代に10代を過ごした私としましては、恥ずかしくって手を出すことができずにいます。30代オーバーのみなさんなら、私の気持ち、きっとわかるよね!?

そして先日、驚きの情報が飛び込んでまいりました。ファッション検索サイト「SHOPSTYLE」の調査によれば、なんと今年の秋冬シーズンは “アムラーファッション” が再来するというのです〜っ! ついにキタコレーーー!!

【またコレが流行るとは……感慨深い!】

アムラーとは、歌手の安室奈美恵さんのファッションやヘアスタイル、メイクをそっくりそのまま取り入れて、安室さんになりきった人々のこと。

90年代の街中には、安室さんのような細眉&さらさらロングヘア、厚底ニーハイブーツを着用したギャルが溢れていたものです。私が過ごした福島県にも、そういった10代20代女子がわんさかいましたよ。そしてかくいう私も、アムラーファッションを取り入れておりました。

【今年秋冬のキーワードは「ニーハイ」「チョーカー」「ファー」】

1996年には新語・流行語大賞のトップ10に入賞するなど、社会現象を巻き起こしたアムラーファッション。「SHOPSTYLE」のプレスリリースによれば、今世界ではニーハイやチョーカー、ファーといった検索ワードがアツいそうで、これらを組み合わせると、たしかにアムラーファッションになる!

厚底が流行り始めた時点で、いつか来るのではないかと予測してはいたものの、とうとう来たか。来ちゃったか。
am2

「ヴォーグ」誌などで活躍するファッションモデル、ジジ・ハディッド(Gigi Hadid)さんのインスタグラムにも、今年の流行を思わせる写真が投稿されておりました。

LV NV

A photo posted by Gigi Hadid (@gigihadid) on

【ニーハイブーツにまつわる疑問にガチ世代が答えます!】

戸惑いが止まらない私ですが、ポーチ編集部20代女子の百村は、ニーハイブーツへの疑問のほうが止まらないよう。

ってなわけで、これからニーハイに手を出そうとしている百村の疑問を解決してあげることにしましたよ☆

質問その1:「あれって履くの大変じゃないんですか? きっと脱ぐのも労力要ると思うんですけど」
答え:「慣れてしまえば履くのはそんなに大変ではないけれど、脱ぐときはやや時間がかかるかも。履くときより脱ぐときのほうがムクんでるしね。だからお座敷席のあるお店など、 “靴を脱がなければいけない場所” には履いていかないほうが無難です」

質問その2:「短パンじゃないと似合わないのでは?」
答え:「 “じゃないと” ってわけではないけど、短パンにも似合うしミニスカートにも似合う、つまりショート丈のボトムスとマッチすることはたしか。せっかくニーハイを履いているので、そのことをアピールするためにもショート丈のボトムスを合わせるほうがいいし、全体のバランスも良くなるのではないかと」

質問その3:「寒くないんですか?」
答え:「出てる部分は、そりゃ寒いよ。でも寒いか寒くないかなーんてことは、当時は考えもしなかったような。若さで乗り切れるとは思いますが、心配ならタイツを履けば問題解決!」

質問その4:「足太くても、履いていいんですかね?」
答え:「90年代当時は、足が太い子もみんな、ガンガン履いていたよ。むしろ『ニーハイで足太いのカバーできる♪』くらいに思っていたんじゃないかな。個人的には、市販のニーハイの筒幅に収まる太さであれば全く問題ないと思います。ただし足のほとんどを覆うので、ニーハイブーツのフォルムによっては逆に太く見えてしまう場合も。何度も試着したうえで、自分の足がもっとも綺麗に見えるニーハイを選びましょうね」

私の答えがみなさんの参考になれば幸いです! 今年の秋冬は、街のそこかしこでアムラーファッション女子を見かけることになるのかしら!? 想像すると、ちょこっとだけ楽しみだわ。

参照元:SHOPSTYLE プレスリリース、Instagram @gigihadid
執筆=田端あんじ (c)Pouch