chichibu1

この世のものとは思えない、「秩父の雲海」の写真がTwitter上で話題になっています。埼玉県秩父市で撮影されたこの写真には、濃い霧の中に浮かぶ山々や町が写されています。

緑や青、オレンジなどのライトに色付けされた風景は、まるでファンタジーの世界。ジブリ映画に登場するワンシーンだといわれても納得してしまう美しさです!

【「美の山公園」で撮られた美しい風景】

あまりにもキレイなので、撮影者であるTwitterユーザーのKazuki Sato‏さんに話を聞いてみることにしました。

この「秩父の雲海」の写真は、3月3日午前2時、秩父市にある「美の山公園」の展望台から撮影されたものだそうです。

前日の午後9時、秩父市に濃霧注意報が発令されたのを聞いたKazuki Sato‏さんは、「美の山公園」に車を走らせたそう。もちろん、「秩父の雲海」を写真におさめるためです。

Kazuki Sato‏さんによると、「秩父の雲海」は数分ごとにまったく表情が変わってしまうとのこと。濃い霧の中から建物が姿を現すまで、指先が痛くなるような寒さに耐えて待ち続け、ようやく撮影できた写真なのだとか。

chichibu2

【「長時間露光撮影」がキーワード】

それにしても、こんなにステキな写真、どうやって撮影したのでしょうか? ポイントは「長時間露光撮影」(シャッタースピードを遅くする撮影方法)のようで、「上手くいけば普段とは違った幻想的な雰囲気を作りやすく、キレイな写真を撮ることができます」と教えてくれました。

この写真について、Twitterでは「日本とは思えない絶景に感動」や「すごい幻想的ですね」、「この世の風景ではないような色合いだ……」などの声があがっています。

Kazuki Sato‏さんは写真撮影を趣味にしていて、休日は埼玉県の風景をメインに撮影しているとのこと。「好きこそものの上手なれ」なんてよくいうけど、趣味で撮ったとは思えない作品ですネ♪

参照元:Twitter @kaz_55oo
Photo:Kazuki Sato, used with permission
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch