m

公開から1カ月が経過した映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」、みなさんはもう、ご覧になりましたか? 私(記者)? 私はすでに、7回目キメてやりました!

会う人会う人全員に、同映画の素晴らしさを “頼まれてもいないのに” ペラペラ語り、地道に布教活動をしてきた成果もあってか、記者の周囲では着々と “マッドマックス沼” にハマってきているようです。

そこで本日は、新作マッドマックス・ファンに聞いた、「マッドマックス観た人あるある」をお届けしちゃうゾ! みんなに共感してもらえるかな!?

【ご注意:ネタばれアリます!!】

映画を観た方なら必ずや「わ~か~る~~~!!!」と首をブンブン縦に振ってくれるであろう「あるある」ですが、内容にはネタばれが含まれますので、知りたくない方は読まないでくださいね!!

【マッドマックス観た人あるある46】

1. 映画を観終わった後、まず最初に思うことが「あ~、マッドマックス観たい!」
2. なにかあるごとに、V8お祈りポーズをしてしまう。
3. 「いってらっしゃい」「健闘を祈る」といった際にも、V8お祈りポーズで激励してしまう。なんなら「おはよう」「おやすみ」の挨拶も、V8お祈り。
4. 今が自分の見せ場! そんなときはつい「Witness me(俺を見ろ)!」と叫んでしまう。
5. むしょうに坊主にしたくなる!
6. 「坊主にしたい」願望を満たしたくて、アバター作成ツール「Mii」や「ちゃんりおメーカー」に手を出した。
7. そして……本当に「坊主」にしてしまった…ッ!!
8. 車の天井やボンネットの上に乗っても、別に良い気がしてくる!
9. むしろ乗りたい!
10. その辺を走っている車の「装備」がやわそうに見えて、やや心配になる。
11. 車のエンジン音が聞こえると、「奴らが来る……!」と身構えてしまう。
12. 電車または新幹線の音を聞くと、ウォータンクを思い出す。
13. 気合いを入れたいとき、フュリオサ大隊長の名台詞「We fang it(ぶっ潰す)!」と叫んでしまう。
14. 人を罵るときの決まり文句は、ワイブズのひとりダグちゃんの口癖「schlanger(○○野郎)!」が定番に。
15. 「銀のスプレー」「食用」でAmazon検索してしまった!
16. そして、カートに入れてしまった!
17. ついでに「白い水泳帽」「顔に塗っても平気な黒い絵の具(白い絵の具)」も検索して、購入してしまった!!
18. 今日はいい日だな~。そんなときに、つい口をついて出るのは「What a lovely day(なんてラブリーな日だ)!」。
19. シルク・ド・ソレイユを観ると、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を思い出す。
20. スリップノットのMVを観ても、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を思い出す。
21. というか、なんでもかんでも「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に結び付けて考えてしまう。
22. 「マッドマックス」を観たかどうかを人に質問するとき、「観ましたか?」ではなく、「何回目ですか?」と聞く。
23 同じことを他人に質問されたら、「V○(観た回数)ですね」と答える。
24.もちろん、 V8を目指している。
25.「 V○」という表記に、やたらと敏感になる。たとえば「V6」とか。
26. 振り返ればV3くらいまでは完全に「なにかに取り憑かれた」状態。「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がなくては生きていけないみたいな切羽詰まった心持ちになる。
27. 極上爆音上映で有名な「立川シネマシティ」を、「英雄の館」と呼んでいる。
28. 「今年のフジロックにドゥーフウォーリアー出ないのかよ……太鼓の人たちが来ないとか嘘だろ……」と本気で残念がる。
29. 無償にバイクを乗り回したくなる(イワオニ族、または鉄馬の女たちのせい)。
30. 長い棒を見ると、「マッドマックス 怒りのデスロード」を思い出す。しなるタイプのものであれば、なお良し。
31. 木のことを「出っ張り」と言ってしまう。というか、そう言いたい。
32. ホームセンターの園芸コーナーで、口枷(くちかせ)を作る道具を探してしまった…!!
33. 献血をする気になった。または、行く回数が増えた。
34. 牛乳のことを「マザーズミルク」と呼んでいる。
35. CG映画じゃ、物足りなく感じる。
36. 実は、イモータン・ジョー様を崇拝している。
37. そして、最後の最後に自己紹介しちゃうリクタスのことも憎めない。というかぶっちゃけ、映画を観るたび、「リクターーース!」と心の中で彼と一緒に自己紹介している。
38. 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を “観た” ではなく、 “キメてきた!” と言うようになる。
39. 何度観ても飽きない。むしろ観るたびに新しい発見があるので、「もっともっと」観たくなる。
40. そのような本能に従い、V8以上キメている人々のことを、心の中で「英雄」と呼んでいる。
41. オーストラリアが好きになる。そしてオーストラリア英語のことも、好きになる。
42. 今年のハロウィンは「マッドマックス 怒りのデス・ロード」コスプレをしようと、すでに決めている。
43. なんなら夏フェスも、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」コスで挑みたい。
44. 本当は日常的にやりたい。
45. 鳥取砂丘に行きたいと思うようになる。
46. 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」劇場公開が終了してしまったらどうしよう……そう考えるだけで、絶望する。

あ~、書いていたらまた、同作を観たくなってきちゃった! ってなわけで記者は「英雄」になるべく、待ちに待った記念すべきV8をキメてまいりますね!! 

参照元:映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」公式サイト
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼「V8」お祈りポーズへの反響

▼いざ、V8!!!!!