とっても便利な通販サイト。ついついいろいろと買ってしまいますが、届いた商品に後悔したことは皆さんも1度や2度はあるはず。

今回、ご紹介するのは、プロム用のドレスをオンラインショップで買って失敗しちゃった女の子たちの画像。見本と実物がまったくもって違うんですが、もはやこれ、体型うんぬんじゃなくて商品自体が別物だろうというレベルのものばかりなのです。

【素敵なドレスを夢見て】

プロムというのは、アメリカの高校などで学年の最後に開かれるダンスパーティーのこと。思い出に残る一大イベントなだけに、とびっきり素敵なドレスを着ようと夢見ていた女子も多いはず。それがああ、なんでこんなことに……!

【失敗その1】

たとえば上半身全体にレースがほどこされ、スカート部分がチュール状になったドレス。届いたのは、あれ……上半身にレースが何も見当たらない! ただのスケスケのシースルー状態。かろうじておっぱい部分は隠されているものの、見本とは似ても似つかないよー!! スカート部分の繊細なひだも、実物は広がりがなく安っぽいです。

【失敗その2】

続いては真っ赤なマーメイドラインのドレス。モデルが着ているのを見ると、とても大人っぽくゴージャスな1枚ですが……届いたのはこれまた別物!

着ている人がモデル体型じゃないというのは差し置いても、ドレスの模様もおかしいし、見本についていなかった袖がなぜかついているし、これもやっぱりアウト―!! あきらかに別物ですね。

【失敗その3】

お次も真っ赤なドレスですが、裾がAライン上になったドレス。スカート部分のハリ感が素敵な一着ですが、届いたドレスはスカート部分がなぜかシワシワ……。救いは、着ている女性はあまりのおかしさに心が吹っ切れたのか、ノリノリで写真を撮影しているところ。陽気な彼女でよかった……。

【大事なものを買うときは気をつけよう!】

とまあ、どれもこれも「もうこれ、似せようという気すらないだろう」とツッコみたくなるようなものばかり。返品できればいいですが、プロムの前日にこれが届いたときの絶望感を想像すると、部外者の私でもどんよりした気持ちになっちゃいますね。

ただ、ひとつ言えるとしたら「大事なものは実物を見て買ったほうがいい」。これは海外かどうかは関係なく、日本に住む私たちにもあてはまりそうです。

参照元:boredpanda
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

▼まだまだあるよ! 見本と違うドレスが届いた例