ロシアの結婚式というと伝統的な民族衣装を着ておこないそうなイメージですが、意外にも花嫁さんは純白のウェディングドレスを身につけることが多いよう。

中でも、ロシアの都市・カラブラクを拠点に活動するデザイナー、レイラ・ハシャグルゴヴァ(LEILA KHASHAGULGOVA)さんがデザインするウェディングドレスの数々は、西洋のテイストとは異なる独特の雰囲気があって多くの人々を魅了しているんです!

どのようなドレスがあるのか、今回はレイラさんのインスタグラムから画像とともにご紹介したいと思います。

【軍服風で風格もプラス】

こちらはウェディングドレスなのに、胸の部分の装飾やウエストのベルトなどからミリタリーテイストも感じられる1枚

View this post on Instagram

#dress#weddingdress#details#designer#leilakhashagulgova

A post shared by LEILA KHASHAGULGOVA (@leilakhashagulgova_) on

清楚でありながらキリッとした威厳も感じられて見とれちゃいますね!

View this post on Instagram

#weddingdress#dress#designer#leilakhashagulgova

A post shared by LEILA KHASHAGULGOVA (@leilakhashagulgova_) on

【レースやパールを取り入れて】

繊細なレース使いもレイラさんの得意とするところ。こちらはドレスやヴェールに小花のモチーフがふんだんに使われていて、全身にお花をまとっているかのよう!

全身パールでキラキラなドレスも。相手はロシアの大富豪かしら……なーんて妄想もはかどりそうな豪華さです。

【宗教テイストをウェディングドレスにも】

ヒジャブ風のウェディングドレスも見つけました。いたるところにレースの装飾があって、宗教的な要素とファッションとしての華やかさがうまくミックスされています。

【美しく荘厳なウェディングドレスの数々】

いかがでしょうか? 古典的なスタイルの中に新鮮な要素が加わっていたりして、ついつい細部まで見入ってしまうウェディングドレスの数々。どれも美しくて眺めているだけで目の保養になりますね!

ほかにもたくさんのドレスが投稿されていますので、皆さんもぜひレイラさんのインスタグラムをチェックしてみてください。

参照元:Instagram @leilakhashagulgova
執筆:鷺ノ宮やよい (c)Pouch