オーストラリア・ブリスベン出身の女性メイクアップ・アーティスト、ジョージナ(Georgina Ryland)さんは、ボディペインターでもあります。

インスタグラムで定期的に公開しているのは、自らのデコルテ部分をキャンバスにしたボディペイント作品。首から肩にかけた全体に描かれているため、まるでそういう柄の洋服を着ているように見えるんですよね……!

【ファンタジー系からホラー系まで】

映画『ファインディング・ニモ』や『塔の上のラプンツェル』のワンシーンといったディズニー作品を取り上げたものから、ユニコーンなどファンタジックなものまで、テーマはさまざま。

さらにはおどろおどろしいモンスターもあって、ジョージナさんが選ぶ題材は非常に幅広いことがよくわかります。 https://www.instagram.com/p/BcH1uLWlaRn/

【よく見りゃメイクもおそろいだ~!】

風景画を描いた作品もあるのですが、リアルに描かれているため、まるで体の中にもう1つ別の世界が存在しているかのよう。

顔のメイクもボディーペイントした絵の世界観に合わせた色使いで、さすがメイクアップアーティスト! 見ていて気持ちがいい統一感があります。

【北斎の波の絵も】

ちなみに作品の中には、葛飾北斎が描いた波の絵を思わせるボディペイントもありました。

絵の精巧さにもうなるものがありますが、同時にはじけ飛んだ水しぶきをイメージしたようなアイメイクもとっても可愛らしいので、こちらも要チェックですよぉ!

参照元:Georgina RylandInstagram @georginaryland
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼北斎ボディペイントはこちら(素敵)

▼細部まで緻密に描かれていてビックリ