aoichoco2修正

世の中には数多くのジェラートがありますが、ここ最近、あまりの謳い文句にぜひとも食べてみたいと思ったのがこちら。フェリシモの「幸福の青いチョコレート ケルノン ダルドワーズ ジェラート」。

「泣けるおいしさ……」「チョコ好きなら食べないと、後悔する」などと商品販売ページには書かれており、もうね、どんだけスゴいんだってなるじゃないですか。ちょっと「全米が泣いた」的なビッグマウスに感じなくもないですが……。

そこでフェリシモから実物を送っていただき、その味を確かめてみることに!

【そもそもどんなジェラートなの?】

フランス・ロワール地方の小さな街、アンジェにある老舗ショコラトリー “ラ・プティ・マルキーズ” 。このお店が生んだ青いチョコ「ケルノン ダルドワーズ」を使ったジェラートが、今回の商品。

青チョコ自体は国際菓子展で最高のブルーリボン賞を獲得したことがあり、これまでにフェリシモで販売した際も爆発的人気を博しています。それだけに、ジェラートになると聞けば否が応でも期待が高まるというもの!

【こだわりがスゴい!】

この青チョコ、通常はひと粒200円するという高級品ですが、今回はジェラート一個に400円分を使用。サクサク感を最大限に生かすために手作業でカットし、ジェラートが固まるぎりぎりまで入れたそう。

【食べた感想は?】

さて実際に食べてみると……。ひと口、口に入れて濃厚なのがわかります! でも、けっして甘ったるくはなく上品な甘さ。色が青いのでさっぱりしてそうに見えますが、ホワイトチョコのようなミルキーさです。

そこに青チョコのザクザク感、飴がけされたアーモンドやヘーゼルナッツのカリカリ感が合わさり、なんとも贅沢な味わい!
aoichoco4

正直このジェラート、けっしてお安くはないです。1セット8個入りで6480円(税・送料込)。1個810円って、ふだんハーゲンダッツでも頑張った日のご褒美な自分としては、ありえない金額!

でも、フェリシモでしか手に入らないオリジナル商品、青チョコをフランスから空輸、注文者だけのぶんを作るオーダーメイド感覚……などを考えると、けっして高すぎることはないかも。

「今回だけのつもりで、次があるかはわからない」というだけに、まさに幻のジェラートになるかも。チョコ好き、ジェラート好きな方は注文してみては? 申込締切りは7月15日と日が迫っていますのでご注意を。

参照元:幸福の青いチョコレート ケルノン ダルドワーズ ジェラート
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

▼この素敵な色は、店主・ローマンさんの地元の家の青い瓦からとったそう

aoichoco5

▼ジェラートのクリーミーさとチョコやナッツのサクサク感がたまらない!

aoichoco3