東京・高円寺にある創業86年の老舗銭湯「小杉湯」が銭湯モチーフのキュートなグッズを発売。蛇口型のピアスなど、ユニークなアイテムがラインナップされています。

デザイン監修を務めているのは、「銭湯図解」などで知られる小杉湯の番頭でイラストレーター、塩谷歩波(えんや ほなみ)さん。

番頭さんが手掛けているだけあって、小杉湯への愛に溢れているし、こだわりが詰まりまくっているんです~!

【ピアスが完全に「蛇口」】

2020年7月10日から、オンラインストア「マニアコンビニ」と塩谷さんの通販サイトで販売を開始した、小杉湯グッズ。

ラインナップは、ピアス・ピンバッジ・バッグの3アイテムで、いずれも個性が強めです。

銭湯の蛇口をイメージした「ゆらゆらカランピアス」(1980円)の見た目は、蛇口そのもの。

左右のピアスでそれぞれ「水・お湯が出る蛇口」を再現していて、水滴を連想させるパーツまで施されています。

また台紙を水色のタイルにデザインするなど、いちいち芸が細かいっ! なおこちらの台紙は、デザイン監修を務めた塩谷さんによる描き下ろしということです。

【バッジがマニアックすぎるヨ】

わくわく小杉湯ピンバッジ」(2380円)は、銭湯マニアや小杉湯フリークなら持っておきたいアイテムといえましょう。

なぜなら小杉湯を象徴するものを3つフィーチャーしているから!

レトロなお釜型ドライヤーシャワーのカラン、さらには小杉湯の屋根を飾る “魚の彫刻” がピンバッジになっていて、今回発売された3アイテムの中でもひときわ異彩を放っているんです。

特に魚の彫刻ピンバッジはインパクト大。台紙となっている、小杉湯の間取りを描いた「小杉湯図解」も必見ですよ~!

【素朴な風合いのバッグもかわいいっ♪】

そして、風呂桶や牛乳瓶、桶などを描いた「うきうき銭湯バッグ」(1980円)は、銭湯をよく利用する人にはもってこいのアイテム。便利なA4サイズで、タオルなどを持ち歩くにはピッタリです。

素朴なタッチの絵が刺しゅうで表現されていて、ほのぼのかわいくって癒やされる~♡

【ユニークな試みで人気の銭湯です】

小杉湯はユニークなイベントを企画したり、銭湯を楽しみながらくつろいだり仕事したりできる “セカンドハウス” 「小杉湯となり」をオープンしたりと、話題のスポットとなり、若者のあいだでも大人気。

そのためグッズも人気が出る予感!

今後は小杉湯店頭や東急ハンズ新宿店 7階「くるくるマニアフェスタ」(いずれも開催時期は未定)でも販売されるそうなので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

※価格はすべて税別です。

参照元:マニアコンビニプレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

This slideshow requires JavaScript.