「今ここにある危機とぼくの好感度について」にまつわる記事

現実にリンクしていると話題『今ここにある危機とぼくの好感度について』/ 最終話に登場した「問題には正しく名前をつけねばばならない」という言葉の重さ

2021年5月29日に最終回を迎えた、NHK土曜ドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について(通称:ここぼく)』。

前回第4話では「コロナとオリンピック」を彷彿とさせる攻めた描写が話題になりました。

謎の虫によって健康被害にさらされる人々と、利益のために事実を隠したい人々……。

これまで好感度ばかり気にして、こうした真実から目を背けていた真(松坂桃李さん)でしたが、最終話では意外な行動を見せたのです。

→ 続きを読む

『今ここにある危機とぼくの好感度について』第4話:ドラマ内容がコロナとオリンピック問題に酷似だと話題に…脚本家のコメントにも衝撃です

フィクションなのに現実を見ているようだと話題のNHK土曜ドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について(通称:ここぼく)』。

2021年5月22日に放送された第4話では、まさに今起きている「昨今の情勢」を彷彿とさせる展開で、視聴者が騒然とさせました。

この時期にこのようなテーマを取り上げるとは……NHKさん、攻めに攻めまくっている!!!!!

→ 続きを読む

『今ここにある危機とぼくの好感度について』第3話のテーマはSNSの炎上 / キング牧師の名言「最大の悲劇は善人の沈黙である」が突き刺さる

NHK総合で放送中の連続ドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について(通称:ここぼく)』。

第1話第2話では「スター教授の不正を訴えるポスドク女性」を通して権力と弱者の不均衡を描きましたが……

2021年5月8日放送の第3話でもSNSの炎上など「現代社会にはびこる問題」が次から次に登場!

また、キング牧師の演説を用いた名言も話題になっていたんです。

→ 続きを読む

NHKドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について』で第2話で描かれた権力と弱者の不均衡 / 鈴木杏の「だめ」に込められたやるせなさ

初回放送が話題となったNHK総合で放送中の連続ドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について』。

前回第1話では「非正規のポスドク・みのり(鈴木杏さん)がスター教授の不正を訴えるまで」が描かれましたが……今回はその顛末が明らかになります!

果たしてみのりはどうなってしまうのか。

そして「大事なことは何ひとつ言わない男」こと、主人公の真(松坂桃李さん)は活躍するのか否か……!?

→ 続きを読む