子どもがキライな食べ物の代表選手といえば、野菜。うちの3歳の息子も、ひと目その姿を見ただけでもう断固拒否です。

でも逆に、ミンチにしてハンバーグに混ぜたりカレーの具になっていたりと、目に見えなければまったく気づかずに食べちゃうんですから、子どもって単純な生き物であります。

今回ご紹介するのは、イギリスのジャーナリスト、マーク・スパロウさんがツイートに投稿した「野菜チョコ」の画像。芽キャベツをチョコレートでコーティングしたものなんですが、見た目だけならとってもおいしそうなボンボンショコラ! これなら野菜嫌いな子どもも迷わず口に入れちゃうよ!

【ハロウィンのお菓子にいかが?】

マークさんは画像とともに

「そろそろハロウィンだから、近所の子どもたちにお菓子を用意する時期。芽キャベツをチョコレートをたっぷり浸してみるなんてどう?」

とツイート。喜んでこのチョコを頬張った子どもたちがどんな表情を示すのか……そこまで画像か動画で見たかった!!

【さらに上を行くツワモノも】

マークさんの投稿に対し、「もうこれは作った?」とリンゴ飴ならぬタマネギ飴の画像を送る人も。見た目は真っ赤なリンゴ飴に見えますが、実際はタマネギです。……これも嫌だな。

さらに他の人は、マークさん提案の芽キャベツチョコのさらに上を行く画像をアップ。芽キャベツチョコを金紙で包み、茶色いラッピングシートを乗せて売り物のように演出! これにそっくりなチョコ、ハワイとかで見たことあるわ!!

【このアイデア、試してみる?】

いい年した大人がかなりの本気を見せている様子に思わずニヤリ。皆さんもこのアイデア、野菜が苦手なお子さんに試してみる? ただし野菜嫌いな子にとっては、一歩間違えばジョークではなくトラウマレベルになりそうですが……。

参照元:Twitter @MarkGSparrow
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

▼マーク・スパロウさんのツイート。見た目はどう見てもチョコレートボンボン!

▼リンゴ飴ならぬタマネギ飴も!

▼どうせやるならここまでしなきゃ!?