皆さんは、『沈没船ジョーク』というものをご存じでしょうか。これは、国民性を端的に表したジョークの1つで、意外にも当たっていると有名です。海外在住経験のあるAさんは、アメリカ人の友人とこのジョークで盛り上がったようで、西洋人から見ても非常に納得できるジョークだったようです。

さて、その世界各国の国民性を表した『沈没船ジョーク』とは?

■世界各国の人々が乗った豪華客船が沈没しかかっています。しかし、乗客の数に比べて、脱出ボートの数は足りません。したがって、その船の船長は、乗客を海に飛び込ませようとしますが…。さて、船長が各国の人を飛び込ませるために放った言葉とは何でしょう?

アメリカ人に対して・・・「飛び込めばヒーローになれますよ」

ロシア人に対して・・・「海にウォッカのビンが流れていますよ」

イタリア人に対して・・・「海で美女が泳いでいますよ」

フランス人に対して・・・「決して海には飛び込まないで下さい」

イギリス人に対して・・・「紳士はこういう時に海に飛び込むものです」

ドイツ人に対して・・・「規則ですので海に飛び込んでください」

中国人に対して・・・「おいしい食材(魚)が泳いでますよ」

日本人に対して・・・「みなさんはもう飛び込みましたよ」

韓国人に対して・・・「日本人はもう飛び込みましたよ」

北朝鮮人に対して・・・ 「今が亡命のチャンスです」

関西人に対して・・・「阪神が優勝しましたよ」

最後の関西人に放った言葉は、後になって付け加えられたものだとされていますが、それ以外は概ね各国の国民性が理解できるジョークとなっています。ちなみにこのジョーク、外国人が作ったとされていて、この話を飲み会ですると盛り上がるようですよ。是非、クイズ形式でやってみてくださいね。

(文:Yoshio)