大阪に行ったら食べたいもののひとつが、大阪人のソウルフード・たこ焼きです。中がトロリとしていて熱々で、ソースとの相性もバツグン。人気の “粉もん” ですヨネ!

そんなたこ焼きを無理矢理(!?)キャンディーにしてしまったという「たこやきあめちゃん」なる商品が新発売されたようです。思わず「マズイ!」と声がでてしまうほどヤヴァイ系のお味のようですが……?

【マズイけどおもしろいキャンディー】

「たこやきあめちゃん」を開発したのは、創業70年を迎える大阪のおみやげ菓子メーカー、長寿堂恵佳。食べた瞬間口いっぱいに広がるたこ焼きの味と、その後じわ~っと訪れる飴の甘みに思わず「マズイ!」といってしまう商品だそうです。

そのため、作ってはみたものの、長寿堂恵佳としては「こんなものが売れるのか?」と半信半疑だったとのこと。しかし、少量にて生産を開始したところ、難波や道頓堀のお店のバイヤーから「マズイけどおもしろい!」と大好評

それでも、まあ売れるかどうか分からないし……と当初の計画どおりに少量生産で販売をスタートするとすぐさま再注文が殺到したのだとか。

【大阪みやげにおひとついかが?】

なんでやねん! とツッコミたくなるわけですが、どうやら珍しさや手ごろな価格がウケていて、まとめ買いする人もいるもよう。マズイけれど笑顔になってしまうキャンディーなんですねぇ~。

価格は8粒入り216円(税込)。パッケージの中面や店頭に飾るPOPに「ごめん、味自慢やないねん!」と書かれており、タコが謝罪しているのが印象的(?)です。勇気のあるオトメは大阪みやげにおひとついかがでしょうか!?

参照元:プレスリリース
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

▼パッケージの中面はこんな感じ