セガ エンタテインメントが運営する「セガのたい焼き 池袋店」に2018年8月8日より登場するのは、セガのロゴをそのまんま焼き菓子にした「セガロゴ焼き」。9月30日までの期間限定で販売されるそうなのですが、これがなかなかのインパクトなんですっ。

「セガにしかできない “たい焼き” を作りたい」

そんな思いの元生まれたという「セガロゴ焼き」は、よく見慣れた「SEGA」のあのロゴそのもの。自社のロゴというだけに再現力は無駄に高く(すみません)、食べる前にしげしげと見入ってしまいそうです。

【味は2種類】

以前、Pouchでチョコミントたい焼きを紹介した「横浜くりこ庵」の協力のもと作られたという「セガロゴ焼き」のお値段は、税込み300円。気になるフレーバーは2種類で、定番の「小倉あん」と、バニラビーンズ入りの「プレミアムクリーム」がラインナップされています。

【裏面が渋すぎるお】

「セガロゴ焼き」誕生までにかかった時間は、約半年。ロゴを正確に表現するために鉄板を開発したりと、完成までに紆余曲折があったといいます。

しかし苦労を重ねただけあって、出来栄えは完璧☆

わたし的にはロゴが見える表面よりも、やたらと達筆な字で裏面にでかでかと書かれた「創造は生命」という文字が、あまりにも渋すぎてツボでした。なおこの言葉、 “セガグループが大切にすべき価値観” 、とのことですよ。

【ウケ狙いのお土産に◎】

有名企業のロゴをパクっと食べるというレア体験ができるので、大勢が集まる場に持っていったらウケてもらえそう。ゲーム好きのあの人へのお土産にも、ピッタリだと思いますよぉ!

参照元:プレスリリースセガのたい焼き 池袋店
執筆=田端あんじ (c)Pouch