2016年9月21日に誕生した資生堂のメーキャップブランド「PLAYLIST(プレイリスト)」は斬新な試みとアイテムで注目を集めました。

その代表格が、メイクアップアーティストが自分に似合うメイクを考えてくれる「アーティストキット」や、絵の具そっくりなマルチメイクアイテム「マルチペインター」など、WEB中心の展開にもかかわらず、次々とヒット作を生み出していたわけなのですが……。

2018年11月30日、公式サイトと公式SNSに「2018年12月末日をもって販売を終了させていただくこととなりました」という、衝撃的なお知らせが掲載されていたんです。

【大人気「アーティストキット」はすでに受付終了】

今年いっぱいで「PLAYLIST」の販売が終了してしまうというのは、まさしく “寝耳に水” 。しかも「アーティストキット」に関してはすでに受注受付を終了してしまっている状態で、残念なことこの上ない!!!!!

資生堂からのメッセージには

「PLAYLISTで生み出した価値は、新たなサービスや商品にいかしてまいります」

といった一文があるので、今後なんらかのかたちで「PLAYLIST」的なサービスが生まれる可能性はなきにしもあらずです。そのときがやってくるのを、首を長~くして待つしかなさそうですね……。

【注意:販売最終日は店舗によって異なります】

「PLAYLIST」の販売終了にあたって気をつけておきたいのは、販売サイトや店舗によって、販売最終日が異なる点です。以下の情報をしっかり確認したうえで、最後のお買い物を済ませるようにしてください。

<ウェブサイト>
・資生堂オンラインショップ ワタシプラス:12月25日 23時59分
・watashi+ in ZOZO TOWN:12月25日
・@cosme shopping:12月25日
・Amazon: 12月26日
・FLAG SHOP:12月26日
・LOHACO:12月29日

<実店舗>
・SHISEIDO THE STORE:12月29日

ご確認いただいたとおり、早いところではクリスマス当日の12月25日に販売を終了してしまうので、愛用品があった方や、欲しいものがあった方はくれぐれもご注意を。

【なんで終了しちゃったのカナ…】

ちなみに、「PLAYLIST」の販売終了について Pouch 編集部内で語りあっていたところ、ユーザーだったというスタッフが、

「実店舗はあるものの “ほぼネット限定” なので、お試しできないというのがネックではありました。それでいて価格はデパコスだったので、ある意味 “賭け” みたいなところはあったのかもしれません」

と話していたことが興味深かったです。あるいはもともと短期の企画だったのかもしれず、公式には発表されていないため、真相は不明です。

いずれにせよ非常に面白い試みだったので、また違ったかたちで会える日が来たらいいなと、願わずにはいられませんね。

参照元:資生堂[1][2]Instagram @playlist_shiseidoTwitter @playlist_beauty
執筆=田端あんじ (c)Pouch

View this post on Instagram

大切なご報告です。 PLAYLISTは、2018年12月末日(※)をもって販売を終了します。 これまでご愛顧いただきましたみなさまには心より感謝申し上げます。 ※くわしくはブランドサイトをご確認ください。 PLAYLISTはアーティストの感性とテクニックでお客さまのメイクがプロの仕上がりになることを、主にデジタルコミュニケーションを通じて挑戦してきました。 このユニークな過程で様々な気づきを得ることができたのは、お客さまのおかげと心からお礼を申し上げます。 PLAYLISTで生み出した価値は、新たなサービスや商品にいかしてまいります。 これからもメイクを楽しんで、新しい自分を発見することですこしでも幸せな気持ちになっていただけることを願っています。

A post shared by PLAYLIST (@playlist_shiseido) on

▼絵の具みたいな「マルチペインター」

▼アイシャドウとしてもアイライナーとしても使える「インスタントアイコンプリートマルチプルカラー」

▼メイクの上から使う化粧上地「スキンテクスチャーヴェール」

▼超高画質の8Kでも耐える肌を作る「リアルテクスチャーリキッドファンデーション」

▼あほ毛をおさえる「クイックミュートクリーム」なんてアイテムも