2020年6月27日、スターバックスが “手話” が共通言語となるサイニングストアをオープン。

聴覚に障がいのあるパートナーと共に働く店舗で、国内では初の試みとなります。

手話だけでなく、音声・指さし・筆談でも注文可能らしく、誰でも気軽に利用できるそう。

【店名も「指文字」で表現&手話が学べる!】

東京都国立市にオープンする、国内初のサイニングストア「スターバックス コーヒー nonowa国立店」。

店舗やエプロンに “指文字で表現したSTARBUCKSサイン” がデザインされるなど、ここだけのものがたくさんあるみたいなんです。

デジタルサイネージが導入されているのも、この店舗ならではの特徴。

商品の受け取りに便利な「商品番号」が手話とともに表示されるほか、挨拶などでよく使われる手話も紹介してくれるらしく、待ち時間を有意義に過ごせそうですよねぇ。

【アートも手話がモチーフです】

店内に展示されるアートも、手話がモチーフ。

その名も「Talkative hands(おしゃべりな手)」で、手話が人と人とのつながりを生む架け橋になること、手話の世界を楽しく広めていきたいという思いが込められているといいます。

手がけたのは、手話をモチーフにしたアートで、聴者と聴覚に障がいのある人をつなぐ活動をしている門秀彦さん。

スタバで働く聴覚に障がいのあるパートナーとディスカッションしながら制作したらしく、どんな作品となっているのか、ぜひ生で観てみたいっ!

【世界で5店舗目となる試みです】

聴覚に障がいのあるパートナーから「自分たちでお店をやってみたい」という声があがった結果、日本に初登場したサイニングストア。

同じ形式の店舗が、マレーシアに2店舗、アメリカと中国に1店舗ずつあるそうで、これらの店舗からの経験も取り入れているということです。

ちなみに同店舗では、新型コロナ対策として「透明マスクの導入」「音声入力での注文」「混雑緩和のため整理券を配布」を行うとのこと。

整理券は店頭とウェブから受け付けているので、公式サイトから詳細をご確認ください。

参照元:スターバックスコーヒー ジャパン
執筆:田端あんじ (c)Pouch

スライドショーには JavaScript が必要です。