人気グループ「嵐」のメンバー相葉雅紀さん(29)。その相葉さんのご両親が千葉県で中華料理店をやっているのをご存じでしょうか。店舗名は「チャイナハウス 桂花楼」。このお店では「本格的な中華料理が食べられる、かつ相葉さんのご両親や弟さんに会えるかもしれない!」ということから、行列ができる人気店なのだとか。

早速、私(記者)もJR総武線で幕張本郷駅まで行き徒歩5分ほどにある「チャイナハウス 桂花楼」に行ってみることに。私が行った時間は19時前後でしたが、ラッキーなことにすんなり入店。まず最初に驚かされたのが、レジ前にあった様々な商品が置かれた棚でした。この棚には、桂花楼オリジナルのドレッシングや、おから茶、ギョーザチップス、おから揚げ(塩キャラメル味/コンポタージュ味)などが置かれており、特におから茶(300円/500mm)は物珍しいそうにお客さんが手にしていました。また店内には至るところに、相葉さんの写真や似顔絵、ファンからのプレゼントと思われるお花や色紙、また「ARASHI」のレゴブロック?などが飾られていて、嵐ファンにはタマラナイ空間がそこにはありました!(写真詳細:http://wp.me/p1Bshi-duU)

しかし、一番印象的だったのが、店内の客層です。もちろんファミリーの方も何組かいましたが、そのほとんどが女性でその空間は中華料理店というよりも「女性が多いファミレス」といった感じでした。

さて気になる料理ですが、私は1名でも注文できるセットメニュー「桂花」(2350円)と「梅」(1680円)、餃子(500円)の3点を注文。ずば抜けて美味しい料理があるというよりは、どれも普通に美味しく、特に野菜の鮮度が非常に良い感じました。ちなみに、店員さんいわく人気メニューは、麻婆豆腐、唐揚げ、春巻きなんだそうです。今回はたまたまセットメニューに麻婆豆腐があり、とても美味しく頂けたので、次回は唐揚げ、春巻きを必ず注文しようと思います。

さて最後になりますが、相葉さんのお母様はお昼の時間帯のみホールに出ているとのことで、特にお昼の時間帯は長蛇の列ができるそうです。したがって、1000円ランチを食べたい読者のみなさんは、行列覚悟で行ったほうがいいでしょう。私も次回はお昼のランチを食べにいつかまた必ず行こうと思っています!

ということで、本格的な中華料理が食べられる「チャイナハウス 桂花楼」、是非みなさんも一度チェックしてみてください。

(文、写真 Yoshio)