一時期、日本でも一大ブームとなったCROCS(クロックス)。夏のサンダルとして老若男女から大人気でしたが、いまではオシャレ目的で履いている人たちはすっかり見かけなくなりました。そういえば私も昔買ったクロックス、今ではベランダ用のつっかけになってるわ……。

それは本場・アメリカでも同じみたい。クロックスを軽くて快適なファッションアイテムとしてとらえている人たちはいるものの、「ダサい」「醜い」と毛嫌いしている人たちも多いのだとか。

ところがそんなクロックスが、あるモード系ファッションブランドとコラボ! 「CHRISTOPHER KANE(クリストファー・ケイン)」の2017年春夏コレクションの一部としてロンドンファッションウィークに登場したというのです!! ……クロックスの「ダサい」はここで返上できるのでしょうか!?

【クリストファー・ケイン×クロックスのコラボ】

「VERSACE(ヴェルサーチ)」のセカンドライン「VERSUS(ヴェルサス)」のクリエイティブ・ディレクターも務めていたことがあるクリストファー・ケイン。モード感の強いハイファッションがお得意なだけに、正直クロックスとのコラボはめちゃくちゃ予想外なんですが……さて、どんなふうになってるのやら?

【2017年春夏のトレンドとも相性よし】

ところで、ちょっと……というかかなり気が早いお話だけど、2017年春夏ファッションの注目カラーは青系。特に深海を思わせる深いブルーなんだとか。それを受けてか、クリストファー・ケインのコレクションにも深みを帯びた青いドレスが多数登場しています。

その足元に合わせているのが、マーブル模様がほどこされたクロックス。鉱石を思わせるジビッツ(チャーム)がついています。

マーブル模様以外にも深みのある青色やオレンジ、茶色などのクロックスを履いているモデルさんも。

子どもっぽくてちゃちなイメージのあるクロックスだけに、このアレンジは新鮮! でも意外性があって、これはこれでいい感じかも。

【クロックスがまた流行るかも!?】

このミスマッチさは、ここ最近のトレンドワードである「タッキー」(奇抜で悪趣味なファッション)につながるように思います。クロックスのキッチュさを逆手に取って、クリストファー・ケインのアイテムと合わせているといっても良いのではないでしょうか。

こんなクロックスはアリ、それともナシ? もしかしたら、クロックスが家履きサンダルからトレンドアイテムに復活する日がまた近くやってくるかもしれません。

参照元:HELLO GIGGLESInstagram
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

▼クリストファー・ケインとコラボしたクロックスのサンダル

Kane does Crocs. Will you wear them ? #christopherkane #crocs #dedicatedfollower #keepitchic #lfw #ss17

A photo posted by Lisa Armstrong (@misslisaarmstrong) on