一時、日本でも一大ブームを巻き起こしたサンダル「クロックス」。あまりに流行りすぎて、今では履いていたらちょいとダサい……近所のスーパーとかコンビニ行くときに履いていく靴というイメージを抱く人もいるかもしれません。

そんなクロックスがこのたびあの高級ブランド「バレンシアガ」とコラボ! エッジーな厚底サンダルとなり、それを履いたモデルたちがランウェイをさっそうと歩く姿を、海外サイト「FN」が伝えています。

【バレンシアガとクロックスのコラボシューズ】

バレンシアガの2018年春夏コレクションのランウェイショーに登場したのは、 “Foam(フォーム)” と名付けられたクロックスとのコラボシューズ。

なんといっても目を引くのは10cmにもなるソール。クロックスの象徴的ともいえるサンダル「クロッグ」が超プラットフォームな一足へと生まれ変わっています!

そして、飾りとしてつけられたジビッツ(チャーム)にも注目。バレンシアガのロゴやバラ、星などがついていて、ポップで可愛らしい! モデルさんが履くと、遊びゴコロあふれるアイテムとしてランウェイでも映えますね。

【クロックスブーム、ふたたび来る!?】

こちらの厚底サンダル、2018年春にバレンシアガの販売店とバレンシアガのウェブサイトにて販売される予定だそう。

昨年ご紹介したとおり、2017年春夏ファッションショーではクリストファー・ケインもクロックスとコラボしているし、クロックスブーム、ほんとにほんとにふたたび来るやもしれません!

参照元:Instagram @crocsFN
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch