以前イケアの青いショッピングバッグそっくりのバッグを販売。ファッショニスタのみならず、多くの人の度肝を抜いたバレンシアガが、またやってくれたようです!

海外ツイッターユーザーの間で現在話題になっているのが、 “半袖Tシャツの前面に長袖シャツを貼り付けた” みたいなトップス。

一体何を言っているのかわからないという人もいるでしょうが、いやもうマジで、まさにこの言葉そのまんまのデザインなんですよ。

【名前からして100点満点!】

ウソみたいなビジュアルのため2度見必至なトップスの正式名称は、「Tシャツ シャツ」(直球)。2018年秋コレクションとしてリリースされたもので、お値段は驚愕の15万9840円也~!

日本語版の公式サイトからも予約注文することができるのですが、カラーは「インディゴ」のみ。「ショートスリーブとロングスリーブの2通りの着こなしができるストライプ柄のシャツ」とあるので、まさか、もしや、シャツのほうに袖を通す着方もありってこと!?

もしシャツを着るとするならばTシャツ部分が背後にくるわけで、印象もがらりと変わることはたしかです。2WAYで使えるだなんて、お得だね~~~♪

【ツイッターでバズる→DIYする者も登場】

しかし一目見た瞬間からモヤモヤすること間違いナシで

「どうしたバレンシアガ」
「自分だったら安いTシャツとシャツを別々に買って、ホチキスで留めるわ」

といった具合に、海外ツイッターユーザーたちが一斉にザワついているようなんです。

最後のコメントにもあるとおり、「いっそ自分で作ったろか」とツッコんでいる人の数は多く、なんと実際に作ってしまった人まで現れるなどカオス状態へ突入。

中にはハンガーにかけた洋服を首に引っ掛けることで代用した人も出現して、斬新すぎるデザインが、多くの人のクリエイティブ魂を刺激したことはたしかなようです。

【確実に注目を集められると思います】

ちなみにバレンシアガのクリエイティブ・ディレクターでヴェトモンのデザイナーでもあるデムナ・ヴァザリアさんは、海外サイト「VOGUE」のインタビューで、

「醜いところが美しくなったり、美しいところに醜いところが見つかるのは、とても面白いことだと思います。そういったものは、わたしの好む “挑戦” です」

とコメントしておりまして、型にハマらない姿勢がうかがえます。ありそでなかったこのデザイン、着こなす自信があって、なおかつお財布に余裕のある方は、ぜひトライしてみてください~っ。

参照元:バレンシアガInstagram @balenciagaTwitter @xavierlurVOGUE
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼この発想はなかったわ

▼ツイッターもザワザワ(DIY猛者も現れる)