%ef%bc%99
先日のR-1ぐらんぷりで横澤夏子さんが見せた「自転車で子ども3人を乗せて走るお母さん」の芸。「こういうママ、いるいるー!」と思わず爆笑してしまった私ですが、自転車は子どもを持つ母親にとってなくてはならない必需品。送り迎えに、買い物に、遊びにと、子どもを乗せて日々かっ飛ばすのが私たち母親であります。

でも、ときにはそんな自転車でアクシデントが起きてしまうことも……。

現在1歳の息子さんを持つ「めい」さんがインスタグラムに投稿したひとコマ漫画が、大きな反響を呼んでいます。

【病院へ慌ててやって来たひとりの母親。その理由とは】

先日、息子さんを連れて小児科へ行ったという、めいさん。そこで目にしたのは、ふたりの娘さんを連れて慌てて受付へ現れたというひとりのお母さんでした。

やりとりを聞いていると、霧雨の中を自転車で走っていて転倒してしまった模様。その際、妹のほうがヘルメットをしていたものの頭を軽く打ったかもしれず、そのため受診に来たということのようでした。

お母さんが「お姉ちゃんは本当に大丈夫なんだよね?」と確認すると、ここで泣き始めたお姉ちゃん。「本当は足を擦りむいていたけれど、自分より妹のことを優先しなければと思って言えなかった。お母さんが慌てていたから、これ以上言うとお母さんが可哀想だと思った」と推定5、6歳の彼女は答えます。

その言葉を聞いてハッとし、「ごめんね。痛かったね。怖かったよね。」と泣きそうな声でお姉ちゃんに謝るお母さん。この一連の様子が、めいさんのひとコマ漫画には描かれています。

【お母さんの心境は……】

ケガをした娘さんたちがかわいそうなのはもちろんですが、きっと病院に来るまでの間、お母さんも大変だったはずです。

めいさんはこの出来事を見て、「このお母さんのフォローは誰がするんだろう?」「この一件を誰かに話して、お母さんを心配してくれる人はどの位いるんだろうか?」と思ったといいます。

子育てというのは、特に赤ちゃんや幼児期の場合は、ちょっとしたミスが命取りになったりするもの。今回のアクシデントだって、もちろん望んで起きたものではなく、何が原因かなんてお母さんに本人だってうまく説明できないかもしれません。

それでもきっと、お母さんは自分を責めることと思います。「自分のせいで子どもたちに怖い思いをさせてしまった」「お姉ちゃんのことまで思いやれなかった」と。親とはそういうものなんですよね。

【母親は完璧じゃない】

子どもができると「母親だからしっかりしなくてはいけない」ことを求められますし、自分自身もそうあらねばいけないと思ってしまいます。でも、親だって人間。子どもができたからっていきなり模範的な人間になれるわけがない。母親だからってミスをして当然だし、完璧でいるなんて無理な話です。

今回のアクシデントに関しては大きなケガや事故にならなかっただけで万々歳。もうそれだけでじゅうぶんだし、自分のことお構いなしで子どもたちの対処に奔走したお母さんに「頑張ったね」と声をかけてあげたい気持ちです。

めいさんも言うように、どうか夫や周りの人たちが「君も驚いたね、大変だったね」と、お母さんのフォローをしてくれますように。

めいさんの漫画と書き込みについては参照元からどうぞ。現在9000件以上の「いいね!」とともに数多くのコメントが寄せられています。親のあり方とは、子どもを育てるとは、周りのフォローの仕方とは、など考えさせられるものがあるかもしれません。

参照元:Instagram@son_son_sooooooon
画像:めい, used with permission
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch, used with permission

▼めいさんがInstagramに投稿した漫画

ちょっといつもとテンションが違いますが。。 先日、息子を小児科へ連れていった時の話。 待合室で順番待ちをしていた所、二人の娘を連れたお母さんが慌てて受付にやって来た。 ソファに登りたいのに、無理矢理下ろされ怒る息子の相手をしながら、看護師さんとお母さんとのやりとりが聞こえてきた。 どうも病院の近くで霧雨の中を自転車に乗っていて、何が原因でそうなったかまでは分からないが、転倒したらしい。 その際、下の娘さんがヘルメットをしていたものの、頭を軽く打ったかもしれないので受診したいと。 上の娘さんは、見た目なんともなさそうだったが、看護師さんに一通り状況を説明し、お母さんが「お姉ちゃんは本当に大丈夫なんだよね?」と確認すると、その一言で泣き始める。 「本当は足を擦りむいていたけれど、自分より妹の事を優先しなければと思って言えなかった。お母さんが慌てていたから、これ以上言うとお母さんが可哀想だと思った」と…。 推定5~6歳。泣ける。 その言葉を聞いたお母さんは、ハッとし「ごめんね。痛かったね。怖かったよね。」と泣きそうな声で謝っていた。 いや泣いていたかもしれない。私は泣いた。 頭を打った下の娘さんは既に泣き止んでおり、お母さんにくっつきながら、待合室のテレビに写るアニメに夢中。 緊急なので診察室にすぐ呼ばれ、 検査した結果どこも異常なしだったよう。 お姉ちゃんも血も出ていない程の擦り傷。 たぶん二人とも怪我の痛みより、転倒時のショックとお母さんの不安を感じ取って泣いていたように見えた。 前置きが長くなったけれど、この親子を見ていて思ったのが「このお母さんのフォローは誰がするんだろう?」という事。 この一件を誰かに話して、お母さんを心配してくれる人はどの位いるんだろうか…と。 家庭によって対応は大きく変わるだろうが「何やってんだよ!」と責められたりするんだろうかと思うと、胸が痛む。勝手に。 自転車を転倒させたのはお母さんで、自業自得と言われてしまうと、そこまでの話なのだけど、私はどうしてもお母さんの味方側に立ってしまう。 ちょっとしたミスが命取り。それが育児。 私のような、子供が1歳ちょっとの新米母でもそう思うのだから、あのお母さんは常日頃から 意識していたハズ。 頭を打ったかもしれない娘を抱いて、自分の濡れた髪や肩には脇目も振らず病院に駆け込み、我慢しきれず泣いた上の娘に謝り、自分だってどこかしらを打ち痛いだろうに、そんな事はおかまい無しのお母さん。 きっとその対応が母として正しいし、 美しい。 でも母もただの人間。ミスもするし、完璧じゃない。 そして、あのお母さんはやるべき事をやっていた。 受付に来てから帰るまで、気になってずっと見てしまっていたが、素晴らしい対応だっと思う。 だから、転倒した事はお母さんのミスだったとしても、どうか、あのお母さんのご主人がフォローに回ってくれる方でありますようにと切に思った。 「君も驚いたね、大変だったね」の一言でいい。 フォローする人も理想はご主人だけど、義母でも実母でも誰でもいい。 児童館の先生でもいい。 お母さんをフォローしてあげて欲しい。 きっと怖かったと思う。 よく頑張ったと思う。 お子さん無事で良かったですね、お母さんも無事で良かったです。 と思った、そんな日でした。 長々とすみません。 #いつもとテンションが違う #真面目か #なぜか母って美化されやすいからな #生んですぐ母性が生まれるとか思ってる世間どうなってんの #そんな訳あるかい #一緒にいる時間が母性を作り出すんじゃい #なんじゃい今回のポスト #1歳児 #息子 #育児漫画 #男の子 #絵日記 #子育て日記 #ママリ #コノビー #mamagirl #ママスタ #赤すぐ

A post shared by めい (@son_son_sooooooon) on

▼今回の投稿に対する反響に驚きと喜びを見せるめいさん

皆様、前回のポストへの沢山のいいねとコメント、本当にありがとうございます。 どういう現象が起きて、こんなにも沢山の方に見て頂けたのか、考えても考えても分かりませんが、驚きと嬉しい気持ちで一杯です。 皆様から頂いたコメントを全てプリントして、美味しいお酒とつまみをワイワイ食べながら、あのお母さんにお見せしたいくらいです。 コメントなのですが、あまりにも沢山の方から頂き、全ての方にお返事する事が難しく今回は断念しました。 ごめんなさい。 皆さん本当に丁寧な長文を書いて下さり、一つ一つ嬉しく読ませて頂きました。 せめてもと、コメントを下さった方にイイネボタンを押しているところですが、いっぺんに押せる数が限られるようで、押してる方押してない方がいます。 すぐには難しいですが、全ての方に押していく予定ですので、宜しくお願い致します。 また、リポストやシェア希望の方、どんどんしてください! 嬉しいです! ありがとうございます。 次回のポストから、いつも通りのフザケた内容に戻ります。 今回のポストでフォローしてくださった方、次回以降のポスト観てガッカリしたらゴメンナサイ笑 引き続き、宜しくお願い致します! #だから真面目か #こんなに反響があったのが初めてで #どんな文面にしたらいいか解らず #結果真面目か #私のポストではありえない数のイイネがついてビビる #他の誰かのポストを見ているようだ #しかし心はフワついているので、嬉しいようだ #追風参考記録だなコリャ

A post shared by めい (@son_son_sooooooon) on