スクリーンショット 2015-02-06 16.56.23
冬の楽しみといったら、やっぱり温泉。湯気が立ちのぼる中、身も心もホカホカ温まると「あー日本人で良かったぁ」なんて思いますよね。

そんな温泉は外国人観光客の間でも人気が高まっているようだけど、なんせ日本の入浴作法はいろいろと細かいルールがあるもの。世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」がまとめた「温泉の正しい入り方 How to Enjoy Onsen」で、私たちも勘違いしていることがないか、ちょっとおさらいしてみましょ!

【知っておきたいマナーがいろいろ】

「温泉の正しい入り方 How to Enjoy Onsen」は、温泉の楽しみ方やマナーを英語と日本語で表記したインフォグラフィックス。

温泉の入り方ひとつとっても、かけ湯の順番は“体の末端から頭に向かって”とか、湯ぶねを出た後は “温浴効果を保つため、体は洗い流さない” など、知っていそうで知らない情報がいろいろと示されているの。

【目からウロコの知識も!】

温泉といえば、頭にタオルをのせてお湯に入っているシーンが思い浮かぶけど、あれにもちゃーんと理由があって、冷たいタオルをのせるとのぼせ防止になるからなんだそう! 恥ずかしながら筆者は、タオルを湯ぶねにいれられないから仕方なくのせていると思ってましたよ……。

【外国人とシェアしてみて】

この他にも、“飲酒後の入浴は避ける”、“湯あたり防止のため、入浴回数は1日3回に留める”など、体のためにもぜひ知っておきたい情報がキュートなイラストとともに記されているから、分かりやすくて便利です。

そもそも「温泉って何?」って外国人に聞かれても、きちんと答えられる自信がある人はそう多くないはず。正しい知識を身に着けて、より温泉を満喫できるよう、身近な外国の方と一緒に再確認してみてはいかがでしょうか?

参照元:トリップアドバイザー
執筆=沢野ゆうこ(c)Pouch

TripAdvisor_HowToEnjoy温泉_edited