2013年に、ミカエル・ベニシューさんがパリ10区にオープンした人気のパン屋「リベルテ・ラ・パティスリー・ブーランジェリー(以下、リベルテ)」が、2018年3月24日に日本初上陸を果たします。

今回のオープンが世界展開第1号店にあたるらしく、注目度は満点。オープンの地として選ばれたのは東京・吉祥寺で、今後は「100年前からそこにあるかのような、親近感のある店」を目指すといいます。

【そもそもどんなお店なの?】

「リベルテ」パリ本店の店内は全面ガラス張りで、ショーケースはもちろん、パンを作るアトリエ工房までオープンになっているのが最大の特徴。

職人たちが生き生きと働く様子がお客さんからもよく見えますし、フレッシュな出来立てパンが食べられるというのが魅力的です。

「透明性」「親近感」「品質」を大切にするパリ本店の看板商品は、「タルトシトロン」や「タルトタタン」といったトラディショナルなスイーツメニュー。自家製天然酵母から作られるパンも人気で、シンプルで素朴な味わいがパリっ子の心を惹きつけてはやみません。

【東京本店には初のカフェスペースが登場&オリジナルメニューも!】

このたびオープンする東京店には、リベルテでは初となる “カフェスペース” を設けるとのこと。ここでしか食べることのできないメニューも登場するらしく、こりゃパン好きにとっては見逃せませんよ~!

創設者のミカエルさんは、「パリ同様、日本でも地域に愛され、吉祥寺の人たちの生活に根ざした店にしたい」とコメントを寄せています。

毎日食べるなら、奇をてらったところがない、どこか懐かしい味わいが好ましいもの。リベルテのパンが実際にどんなものなのか、ぜひとも自分の舌でたしかめてみたいものですね♪

参照元:プレスリリースリベルテ東京本店Instagram@libertejapon
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼オープンが待ち遠しい~!


▼インスタグラムで最新情報をチェックしよ☆(本店の様子も見ることができます)

View this post on Instagram

フランス焼菓子で最も古い種類の一つ「フィナンシェ」。16世紀にイタリアフィレンツェからフランスに伝えられ、今では日本でも人気焼菓子。 ・ ・ @libertejapon ・ ・ ・ #リベルテ #パティスリー #ブーランジェリー #フランス #パリ#パリのパン屋さん #パン #パン屋のフィナンシェ #フランス最古の焼菓子 #バターたっぷり #手作り #毎日食べたい #東京パン屋 #吉祥寺パン屋 #タルト #シュー #ケーキ #20180324 #ニューオープン #liberte #libertejapon #patisserie #boulangerie #homemade #instafood #tokyo #paris #deliciousfood #delicioussweets #newopen

A post shared by LIBERTÉ PÂTISSERIE BOULANGERIE (@libertejapon) on