わたしはアジアンテイストの家具が大好きなのですが、最近気になっているのが、インドのデザインレーベル「Sylvn Studio」が手がけた照明の数々。

まるで木材を編みあげたようなデザインで、吊るし型ランプにフロアランプ、テーブルランプと種類はさまざま。アジアンな雰囲気でありながらも凝ったフォルムにはラグジュアリー感もあります。

でも……意外なことに、「Sylvn Studio」のランプの材料に使われているのは、リサイクルされたダンボールなんですよ。

【とてもダンボールには見えない…!】

「Sylvn Studio」は公式サイトで、「取り扱っているランプは芸術品」「家に製品を持ち帰るのではなく、芸術品を持ち帰るのだ」と解説。そしてランプを手にすることで、「地球美化にも貢献している」とも話しています。

ダンボールを使ってこういった作品を作ることは、「芸術に対する愛であり、地球への愛である」と語る、「Sylvn Studio」。ダンボールのほかには、資材運びに使う麻袋やリサイクル素材を使ってランプを作っているのだそうですよ。

【お部屋がリゾートホテルの雰囲気に♪】

高い職人技と高級感に加えて、実用性と耐久性も兼ね備えているというランプは、ラグジュアリーなリゾートホテルに設置されていてもおかしくないビジュアル!模様によって壁に映し出される影も、ため息が漏れてしまうほどの美しさです。

ちょうど季節の変わり目ということで模様替えをするにはうってつけですし、いっそのこと部屋にあるすべての照明を、ここのランプと取り替えたくなっちゃいます♪

【こんなに美しいのにお値打ちなんです】

公式サイトやフェイスブックでランプをひととおり見ることができるのですが、公式サイトには各ランプの値段が日本円で表示されているからありがたい~っ。

吊るし型は1万円前後で、中には4000円台のものも。大型のフロアランプでも、ほぼすべての商品が2万円を切っているので、お財布にも優しいんです。新生活で引っ越しや部屋の模様替えを考えてる方は、さっそくチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:Sylvn StudioFacebook
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼影がほんっっっと~~~に綺麗だから見て