水面がチャプンと立てる音、ハイヒールのコツコツという音、本のページをめくる音……。きっと人にはそれぞれ “心地よい” と感じる音があると思うのですが、ここ数年海外を中心に流行っているのが、ASMR動画の存在です。

ASMRとは「Autonomous Sensory Meridian Response(直訳すると自律的感覚の絶頂的反応)」の略語で、 “ある音を聴くと脳がとろけるような刺激を感じる” ことを指します。

自分にとって快感な “音” を収録し、動画にしたものがASMR動画と呼ばれるものなのですが、最近中国のネットユーザーの中で人気を集めているのが「氷を食べる音」なんだとか!

【動画アプリでまたたくまに拡散!】

もともとの発端は、動画シェアアプリ「Kwai」の存在。

中国や韓国の若者の間でも人気だというこのアプリ上で、なぜか「氷を食べる動画」が大流行。「#吃冰(氷を食べる)というハッシュタグまで登場して、今ではインスタグラムに投稿動画をまとめたアカウントまで作られているんです。

【「ある層」にはめちゃくちゃハマりそうです】

またインスタグラムには現在、「#iceeating」というハッシュタグが登場中。

動画の中で氷を食べている人のほとんどが女性で、美しい女性たちが、氷を「ガリガリ」「ゴリゴリ」と食べているだけの動画はなんともシュールです。理解できない人にはおそらく「意味不明」でしかないでしょうが、刺さる人にはものっっっすごく刺さりそうだわ……!

少し気になったのは、氷にはなぜか色がついているものが多いところ。食感がパリパリしたカラフルな氷、どうやって作ってるのかも気になるところですね。

【バリエーションにもご注目】

「氷を食べる動画」を何本か見進めていくうちに気がつくのは、氷を食べる音にもさまざまなバリエーションがあるということ。

歯が氷をかみ砕く音だけでなく、歯と歯ですり合わせている音。果実をかじっているかのように、たっぷり水気を含んでいる音。水気のあるなしで好みが分かれそうですが、わたし的には水気少なめのほうが好きです。

なぜなら「ガリガリ」「ゴリゴリ」という硬質な音のほうが、聴いていてスカッとするから。実はわたしは氷をかみ砕く行為が好きなのですが、音を聴いているとあの感覚を思い出すことができて、ストレス解消したかのような気分になれるんですよね……。

あれ? もしかして自分、ガッツリこのムーブメントにハマっちゃってるかも!? 興味を持った方は、試しに動画を見てみてくださいね♪

参照元:Instagram @iceeeecravingInstagram @satisfying_iceeating_videoInstagram #iceeating
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼どうでもいいけど、みんな歯が丈夫だなぁ~