人気アニメ『ルパン三世』の原作者で漫画家のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さんが、2019年4月11日に、肺炎のため亡くなっていたことが明らかになりました。

訃報を受けて、日本テレビ系番組『金曜ロードSHOW!』は、本日4月19日の放送作品ラインナップを急きょ変更

哀悼の思いと感謝の気持ちを込めて、1978年公開のルパン三世劇場版第1作『ルパン三世 ルパンVS複製人間』を放送することを発表しました。

【「ルパンVS複製人間」はどんな作品なの?】

『ルパン三世 ルパンVS複製人間』の見どころは、なんといっても最強の敵・マモーとの対決。

マモーは自らを “神” と名乗る謎の人物で、子供のような低い背丈と、薄灰色の肌が特徴。賢者の石を巡って、ルパンと熾烈な争奪戦を繰り広げていきます。

【今は亡き豪華声優陣にご注目】

レトロで味のある作画、終始大人向けともいえるストーリー展開など作品の魅力は数あれど、注目したいのが豪華声優陣の存在。

ルパン三世役の山田康雄さん、銭形警部役の納谷悟朗さん、さらにはマモー役の西村晃さんといった今は亡き偉大な声優・俳優の方々が声を担当しているので、名演を心ゆくまで堪能できると思います。

【ネットの反応は?】

放送決定にあたり、ツイッターにはコメントが殺到。もともとは劇場版『名探偵コナン 天空の難破船』が放送される予定だったこともあってか“怪盗”と“名探偵”という関係になぞらえて

「最期にルパンを作ったモンキー・パンチ先生が金ローのコナン枠を盗んだのか」

といったコメントがあったほか、ルパン一味とコナンが共演する作品が『金曜ロードSHOW!』でたびたび放送されていることもあって、そのことに触れているツイートも少なくありませんでした。

【作者自ら監督した作品の放送を望む声も】

その一方で「『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』を放送してほしい」という声も数多く見受けられました。

『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』は1996年に公開されたルパン三世劇場版第6作で、モンキー・パンチさんがシリーズ史上初めて監督を担当した作品。そのため、追悼放送を望む人が少なくないことも納得です。

他の映画やテレビシリーズと比較すると、キャラクターが原作に近い風貌で描かれているともいわれているので、叶うことならいつか放送してほしいものです。

モンキー・パンチさんのご冥福を、心よりお祈りします。

参照元:金曜ロードSHOW!Twitter @kinro_ntvYouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼この作品大好きなんですよね

▼予告編はこちら