マンダムの男性向けコスメブランド「GATSBY(ギャツビー)」がYouTubeに公開したのは、個性豊かな7人のメンズが登場するアニメ動画『ワッキーセブン、参上!』

2019年春夏の新製品 「ギャツビー プレミアムタイプデオドラントシリーズ」の発売にあわせた作品で、キャラクターデザイン・声優・テーマソングに至るまで、豪華メンバーが集結しています。

“ワッキーセブン” を名乗るメンズは、それぞれ個性は強いものの、みんなイケメン。

だけどその実態はなかなかヘヴィーで、7人全員が、日本人男性のワキのニオイを構成する7種類のワキ臭を擬人化(!)させたアニメキャラクターだというんですよ。

【なぜワキのニオイを擬人化したのか】

それにしても気になるのは、なぜこのようなキャラが爆誕してしまったのかという点です。

なんでもマンダムでは、2006年から日本人男性の体臭研究を続けているのだそうで、その中で明らかになったのが7種類のワキ臭

これらをわかりやすく紹介するために、それぞれのニオイをモチーフとした武器を持ち、ニオイに絡めた “決め台詞” を発信する、ワキの化身・ワッキーセブンが生まれたということなんです。

【イカれたメンバーを紹介するぜ☆】

そんなワッキーセブンの気になるメンバーは

・ミルク=シュウ(ミルクタイプ)
キャッチコピーは「まるで赤ちゃん」

・サン=シュウ(酸タイプ)
キャッチコピーは「ツーンとくるぜぇ」

・スパイス=シュウ(カレースパイスタイプ)
キャッチコピーは「沸き立つ香り」

・カビ=シュウ(カビタイプ)
キャッチコピーは「モワッと広がれ」

・ムシニク=シュウ(蒸し肉タイプ)
キャッチコピーは「ムッシムシにしてやるよ」

・ナマガワキ=シュウ(生乾きタイプ)
キャッチコピーは「じっとり漂う」

・テツ=シュウ(鉄タイプ)
キャッチコピーは「どっしり重厚」

といった、個性豊かな面々。なおカッコ内は、各キャラクターが表現しているワキ臭のタイプです。

【イケボをとことん堪能しましょう】

ミルクだの酸だの蒸し肉だのいちいちパンチが強すぎて、一瞬気が遠くなりそうになりますが……。見目麗しい姿やイケボに吸い寄せられて、気がつけば画面に見入ってしまうから不思議なものです。

なおワッキーセブンのイケボは、ギャツビーによる特設サイトからも堪能することができます。

ワッキーセブンの声を担当する若手声優企画・8P(エイトピース)の魅力がさく裂している “自己紹介ボイス” コーナーでは、「こっちこいよ」といった甘~いセリフから、「クミン! クミン! クミン!」といった謎すぎるセリフまであるので、存分に楽しめるはず~!

そしてキャラの紹介文もクセ強めなので、非常に読み応えがありますよ。

【ナマガワキ=シュウの「残念感」にやられました】

ちなみにわたしがもっともジワジワきたキャラクターは、ナマガワキ=シュウでした。

だって非の打ちどころがないほど容姿端麗なのに、髪・衣服・武器の全てが濡れていて生乾き臭いって、悪い意味でギャップありすぎじゃないですか!?

そのうえ「濡れた男=セクシー」という美学を持つゆえに絶えず全身に水分を含ませているとか、完全に狂気の沙汰ですわ……!

参照元:ワッキーセブンYouTubeTwitter @gatsbyjp、プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼「8P」のみなさんです

▼テーマソングを担当するのはアニソン界で注目のオーイシマサヨシさん

▼ツイッターもみてね

▼それにしてもキャラ濃いわ~