ショコラティエのダビデ・コマスキ(Davide Comaschi)さんは、機械のような正確さでお皿に絵を描く達人。

チョコレートを絞り出しながら模様を描いて行く様子が、インスタグラムに公開されています。

完全フリーハンドなのに、長さや間隔がほぼ等しく、時間が経つのも忘れて見入ってしまうんです……!

【ぜんぜん迷いがないな】

真っ白なお皿にまず描かれたのは、雲や花びらを連想させる線。円を描くように一周したところで、今度は別の線を描いていきます。

これを何度か繰り返すわけなのですが、コマスキさんの手からは、迷いを一切感じません。

【もはやパフォーマンスの域】

なにかに導かれるかのごとく、流れるように線を描いて模様を完成させていく光景は、一種のパフォーマンスのよう。

長年培ってきた技なのか、そもそも器用なのかはわかりませんが、あまりにも見事です。

【『ストレンジャーシングス』ファン歓喜の作品も!】

実はコマスキさんは、世界的コンクールの「ワールドチョコレートマスターズ 2013(World Chocolate Masters 2013)」で優勝したこともある、スゴ腕ショコラティエ。

別の日には、ショコラティエ仲間2人とともに100%チョコレートでできた不思議な怪物を作り上げていて、作品のふり幅に驚かされます。

ちなみにこの頭が花になった怪物の作品は、人気海外ドラマ『ストレンジャーシングス 未知の世界』に出てくるデモゴルゴンをモチーフにしたもの

食虫植物のようにパカーッと開いた顔部分はもちろん、体までチョコで再現。

劇中に出てくるトランシーバーや釘バットまでチョコで作り上げていて、作品に対する愛情がひしひしと伝わってくるようだわ~っ!

参照元:Instagram @dcomaschi
執筆:田端あんじ (c)Pouch