2020年7月16日、東京・六本木に“飲まなくても酔える” 完全ノンアルコールバー「0%」がオープン。営業時間は10時から22時と、朝から晩まで楽しめるようなんです。

メニューにお酒は一切なし。色とりどりの美しいノンアルカクテルを堪能できるほか、ASMRサウンドを聴きながら楽しめる “体験型ドリンク”もあるみたい。

空間演出も凝っていて、お酒なしでも気持ちよく酔えそうっ♪

【独創的かつ神秘的なカクテルにご注目】

アートコンプレックスビル「ANB Tokyo」の1Fにオープンする「0%」のコンセプトは、 “宇宙にできた最初のバー”

メニューにラインナップされているのは、新感覚のドリンクメニュー20種類以上です。

フルーツ×バジルのカクテル「ゼロ(0)になる」(1500円)や、コールドブリューコーヒー×グレープフルーツのカクテル「キンモク星」(1000円)など、斬新な組み合わせが印象的。

美しいビジュアルはもちろん、神秘的なカクテルの名前にも心惹かれます。

ヘルシー志向の人の間で話題のドリンク、コンブチャを使用した「コンブチャスパークリング」(900円)もあって、バラエティーに富んでるう!

【「体験型ドリンク」とはなんぞや】

数ある個性派メニューの中でも特に気になるのは“体験型ドリンク”

ASMRサウンドとカクテルを組み合わせた「ネパレード、流星ジャーニー」(1500円)をはじめ、リラックス効果があるとされる「CBDオイル」(500円)や「デジタルデトックス」(500円)といったメニューもあるんです。

公式サイトにあるメニューをよく見ると、「デジタルデトックス」のところに「We will keep your phone!(あなたの電話を預かります)」という項目もあり、これぞまさしく “体験型” !

【全メニューがヴィーガン対応】

ドリンクのほかにはフードメニューもあるのですが、すべてヴィーガン対応しているとのこと。

罪悪感のないジャンクフード」をテーマに、メキシコ料理のケサディーヤやチョコブラウニーなどを提供するそうで、ヴィーガンとは思えない品ぞろえに驚かされます。

なおドリンクもすべてヴィーガン対応とのこと。近日中にデリバリーも導入予定だそうです。

【空間も大きな魅力のひとつ!】

内装も独創的でアーティスティック。

異世界にトリップした感覚を味わえるミラーオブジェや、ノンアル体験をイメージした映像などが用意されているらしく、ちょっとしたアミューズメント施設のようです。

時間帯によって雰囲気も変わるらしく、なにもかもが前代未聞。酒好きの私も、かなり興味をそそられます~!

※価格はすべて税抜きです。

参照元:0%プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

This slideshow requires JavaScript.