東京・墨田区にあるすみだ水族館の「クラゲエリア」が、2020年7月16日のリニューアルオープンに伴い、新しく生まれ変わります。

日本最大級となる長径7メートルのクラゲ水槽「ビッグシャーレ」のほか、飼育作業を公開する「アクアベース」も登場するなど大充実!

「ビッグシャーレ」は、クラゲを “上からのぞき込む” 体験ができるらしく、ぜひとも足を運んでみた~い!

【クラゲの数がすごい】

水族館の “癒やし系” であるクラゲをフィーチャーした「クラゲエリア」。

目玉となる「ビッグシャーレ」には、すみだ水族館で生まれた約500匹のクラゲが展示されるらしく、圧巻の光景を楽しめそうでワクワクします。

水槽は、その名のとおり “大きなシャーレ(※実験などで使う透明で平たい皿)” のような形状。上からのぞき込んで、直接間近でクラゲを堪能できます。

上から見ると、「海月(クラゲ)」の漢字の由来でもある “海中に浮かぶ月” のようなクラゲを鑑賞できるらしく、いつもとは違った体験ができそうですよ〜!

【ガラスデッキで没入感を楽しもう♪】

水槽の上部は解放されていて、照明の演出によって幻想的な空間となる模様。

またスロープを上った先は “ガラス床のデッキ” になっているため、クラゲが泳ぐ海の上に立っているかのような体験ができるといいます。


公開された写真を見る限り、かなりの没入感! 大人気展示となることは、間違いなさそうですっ。

【まだまだ見どころ盛りだくさんです】

「ビッグシャーレ」の壁面には、3つのドラム型水槽を新設。3種類のクラゲの色や模様、泳ぎ方の違いを見比べられるらしく、こちらも見ごたえがありそう!

いっぽう飼育作業を公開するエリア「アクアベース」には、いきもののゴハンの準備を行う「キッチン」と、クラゲの飼育設備や繁殖活動を間近に観察できる「ラボ」を設置。

「キッチン」は、従来バックヤードで行ってきた作業を公開する場でもあるので、水族館をより身近に感じられそうですね。

【みんなすみだ水族館で生まれました】

リニューアルによって館内で展示されるクラゲは約14種700匹。すべて、すみだ水族館で繁殖をした個体だそうです。

クラゲ好きはもちろん、癒やされたい人にも打ってつけだと思うので、クラゲたちに会いに出かけてみてはいかがでしょうか。

なお7月16日より、すみだ水族館は入場方法が変更になる(事前にWEBチケット、もしくはWEB整理券で予約)とのこと。くわしくは、公式サイトでご確認くださいね。

参照元:すみだ水族館プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch