2020年7月9日、東京・池袋サンシャイン水族館に、クラゲをメインにした新エリア「海月空感(くらげくうかん)」がオープン。

見渡すかぎり水槽が広がる大きな「クラゲパノラマ」をはじめ、6つのクラゲ水槽が登場して、クラゲ好きにはたまらない空間になっているんです。

【視界をミズクラゲで満たそう♪】

新エリア「海月空感」の6つの水槽の中でいちばんの “目玉” といえるのが横幅約14mにもなる「クラゲパノラマ」です。

大規模水槽の特徴は “大きく弧を描いた形” をしている点。

この工夫によって、視界いっぱいにミズクラゲが漂う光景を堪能できるらしく、圧倒的な “没入感” を得られそう~!

【触手の長~い「シーネットル」の鑑賞エリアも新登場】

そしてもう1つ新設されたのは「クラゲスクリーン」。

長く伸びた触手と強い毒性を持つクラゲ “シーネットル” というクラゲの仲間を鑑賞できるエリアで、パシフィックシーネットルやインドネシアシーネットルなどを1種類展示するといいます。

【4つのクラゲ水槽をリニューアル】

そのほか4つの水槽は “リニューアル” されたもの。

360度全方位をクラゲに囲まれる「クラゲトンネル」に、飛び出すクラゲを楽しめる「クラゲルーペ」。

雫の中にいるクラゲを “見上げて” 鑑賞できる「クラゲドロップ」に、柱を彷彿とさせる水槽が美しい「夢幻海月(むげんくらげ)」と、いずれも個性豊かです。

展示の際には、「海月空感」のために新たに書き下ろされたオリジナルサウンドが流れたり、オリジナルアロマを取り入れて、五感で楽しめる空間を実現。

照明も、水中のゆらめきを表現した独自のもので、訪れた人に癒やしを与えてくれるそうです。

サンシャイン水族館館長の丸山克志さんいわく、「 “癒やし力” では当館随一と言える空間にしたいと思っております」とのことで、大いに期待しちゃっていいのではないでしょうか……!

【当面は入場制限が行われます】

水槽のほかには、1階から2階にあがる階段部分にクラゲが漂う映像演出を行うらしく、クラゲ好きにはたまりません。

なお「海月空感」は、新型コロ対策のため、オープンから当面のあいだ入場制限を実施。

ウェブ販売する日時指定のチケット、一部コンビニで販売する時間指定当日チケット、ウェブ上で配布する整理券、年間パスポートのいずれかを持っている人だけが入場できます。

詳細についてはサンシャイン水族館公式サイトをご覧になってみてくださいね。

参照元:サンシャイン水族館プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

This slideshow requires JavaScript.