温かい飲み物がおいしくなるこれからの季節。もし入れるとしたら、こんなアイテムを使うのはいかが? じゃーーん、どこからどう見てもダンボール製のマグカップ

「もしやマグカップも買えないくらい金欠!?」「ドリンクが染み出しちゃうんじゃないのか!?」なんて周囲の人たちもいろんな意味でドキドキしちゃいそうですが、大丈夫、安心して!

実はこのマグカップはダンボールではなく、セラミック製。しかしそうは聞いても、画像を見た限りは段ボールにしか見えないから余計にビックリしちゃうんですけどね!

【ダンボールの特徴をよくつかんでる!】

このダンボールマグカップを作っているのは、アメリカのイリノイ州でだまし絵陶芸家として活動するTim Kowalczykさん。Timさんのインスタグラムにはさまざまなユニークな作品写真がアップされていますが、なかでもこのダンボールマグカップは特に秀逸! 段ボールを破いたときにできるビリビリ具合や「割物注意」のシールなど、本物にとても忠実に作られています。

飲み物を入れて歩き回るだけで、自然と周りの人たちの注目を集めちゃいそうなダンボールマグカップ。ひとつずつ手作りなので、他にまったく同じものがないというのも魅力的ですね!

残念ながら、今は販売していないみたいですが、インスタグラムやギャラリーサイトで作品をご覧になってみて下さい!

参照元:Instagram @timsceramicsboredpandaCompanion Gallery
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch