【有名人ごはんの時間ですよ!】
毎週土曜の朝は手軽にできるレシピをご紹介しています。今回は有名人おすすめのとっておきレシピ「有名人ごはんの時間ですよ!」をお送りします。

炊きたてのほっかほかご飯にかつお節をどっさり乗せて、しょう油をたら~り。上質な素材を使うと、ほかにおかずは要らない美味しさの「かつお節丼」です。これは筆者が大好きな「はじメシ」のひとつですが、みなさんにもひとりでいるときについつい食べてしまう、ちょっぴり恥ずかしい料理があるのではないでしょうか?

「はじメシ」とは、TBS系バラエティ番組「さんまのからくりテレビ」のコーナーのひとつ。人前で食べるのはちょっと恥ずかしいけれど、ひとりでいるときについついやってしまう自分だけの美味しい食べ方を紹介していて、さまざまなネット掲示板で話題になっています。今回はこのコーナーの中から同番組で関根勤さんを始め、ゲストたちが大絶賛した「パンの耳ステーキ」をご紹介します。

■材料

・パンの耳…2枚分

・牛脂…2つ

・焼肉のタレ…2~3袋(大さじ3~4ぐらい)

■「パンの耳ステーキ」の作り方

1. フライパンで牛脂を熱し、パンの耳を両面カリッとするまで焼く。

2. 1に焼肉のタレを流し入れ、煮詰めながら絡める。

●編集部で試食してみました

調理をしているときから、キッチンにはステーキの香り(焼肉のタレ)が充満。夕方に調理を行ったため、編集部員からは「おおお、肉を焼いている!?」との歓声が聞こえてきました。ふふふ……、肉じゃなくってパンの耳よ。焼肉のタレと牛脂のにおいは肉を焼くにおいと勘違いするようです。さて、肝心の味はというと、「照り焼きにしたパンの耳」「周りはカリッと香ばしく、中はしっとり。ステーキというよりは、ぬれせんべい」「食感さえよければ……。でも、給料前はファミレスに行かずにこれで我慢できると思う」というように評価されたものの、食感は残念ながら肉には及びませんでした。ただ、べーグルパンなどもっちりした食感のパンを使えばお肉に近づくかもしれません。

●編集部からのワンポイントアドバイス

パンの耳は、4枚切りのものを2枚使用するのが良いと思います。6~8枚切りだと、見た目もボリュームも少し寂しい印象になってしまいます。できあがったパンの耳ステーキには、バターをつけるとボリューム感とコクがプラスされるので、物足りないと感じたらバターを乗せて召し上がれ!

(文・写真:sweetsholic)

参照元:さんまのからくりTV(http://bit.ly/ihFnSX

ライタープロフィール:http://youpouch.com/sweetsholic/