a
テディベアで知られるドイツの最高級ぬいぐるみブランド「シュタイフ社」。

ぬいぐるみ好きならばきっと誰もが憧れるであろう同ブランドですが、その正規製品を豊富に扱うウェブショップ「シュタイフショップ」に、なにやら不穏なムードを放つぬいぐるみが、登場しておりました。

【一体どんなぬいぐるみなの?】

ぬいぐるみの名前は、『アルパカテディタウルス』……名前を聞いただけでは、なにがなにやら、その全貌の想像がつきませんよね?  ヒントは後半の「タウルス」、くらいかしら。

【なんですか! これは】

掲載されていた写真に写っていたのは、上半身がテディベア下半身が馬という、実に奇妙なぬいぐるみ。ショップの紹介文によると、

「ギリシャ神話の世界の半人半馬ケンタウルスからインスパイヤされた製品がシュタイフから誕生です。その名もユニークな「テディタウルス」。とても斬新な製品です」

たしかに……斬新すぎますね! 同ウェブショップに掲載された上記のコメントにもあるように、ケンタウルスは半人半馬。ってことはつまり、このぬいぐるみは、人間と馬、そしてテディベア、3種類の生物をドッキングしたものということ。

【夢に出てきそう……】

“ユニーク” を通り越して、度肝を抜かれる。独特すぎるビジュアルをお持ちの『アルパカテディタウルス』。心が妙にザワつくのは、私(記者)だけ? ゾワゾワ不安になっちゃうのは、私だけなの……!?

【さすがシュタイフ社、品質は最高なようです】

なおこちらのぬいぐるみ、高品質アルパカ素材を使用しているため、ふわっふわ。四肢に針金が入っているため、足の幅などを変えることができるのだそうです。へええ、遊びがいがあるう!

大きさ30cm、お値段は税込50,400円也。ご紹介したショップでは在庫無しとなっていましたが、再入荷した模様。(11月18日現在)

ふーむ……人気、あるんだね……ぬいぐるみの世界って、奥深いわ。

参照元:シュタイフショップ
執筆=田端あんじ (c)Pouch