ここ数日ツイッターをにぎわせているのが、 “おひつ問題” 。あるユーザーが「旅館で毎回、上座下座にかかわらず、おひつとしゃもじを妻の方に置かれるのが辛い」という内容をツイートしたところ、さまざまな意見が噴出。大きな議論に発展しているようなんです。

女性と思われるユーザーたちから集まっていたのは、「わかる」といった賛同する意見。「旅先でまで女性だけが働かなければならないのか」「性差別ではないか」と怒りをあらわにする人もいたほか、男性からも「わからなくもない」といった声が寄せられていました。

【さまざまな意見があって興味深いっ】

そのほか女性の意見として、「これくらい平気です」「やってあげたいから、気にしない」という意見も。

また「どこに置かれようと気にしたことがなかった」「つねにおひつの残量を気にしてるから近くに置いてもらえると奪いやすくて有利な気がする」なーんて声もあって、見事なまでに意見がバラバラだったんですよね。

【一部の飲食店には「おひつやサーバーは女性側に」ルールが存在する!?】

中でも目を引いたのは、「おひつだけでなく、大皿の取り分けスプーンを男性側に置かないように教えられた。そうしないとキレる人がいるから」といった意見。

私は大学生の頃、そこそこ高級な飲食店でアルバイトをしていたのですが、記憶しているかぎりでは「おひつもサーバーも女性側に置く」ように教えられました。

当時は「それがルールなのか」としか思っていなかったけれど、いまとなっては謎ルールだなというのが本音……!

【「よそってもらっていることに気がついていなかった」人も】

そしてもうひとつ気になったのが、「(夫に)『旅館でおひつを置いてかれたことなんて無いよね』とさらっと言われてショックを受けている。ご飯をよそわない人は誰がご飯をよそっているかなんて気にも止めてないのかもしれない」という声でした。

うむむ……コレどんなホラーよりも、「ホントにあった怖い話」って感じがするう!!

【真ん中に置けばすべてが解決するのでは】

ほかの意見として多かったのは、「真ん中に置けばいい」「先に気づいた方がよそったらいい」「女性の分をよそったらおひつごと男性に渡せばいい」「しゃもじをふたつ出しちまえ」などでした。

そして時が経つにつれて、「おひつ」という言葉を用いた大喜利大会状態になってきていたのも、ツイッターならではだなぁと思った次第。

ご紹介してきたようにたくさんの意見が挙がっていたわけなのですが、わたしとしては「真ん中に置けばいい」に1票! 考え方はもちろんのこと、食べたい量も食べるペースもそれぞれ違うわけですし、こうすればすべてが解決する気がするのですが……さてみなさんは、どう思う!?

参照元:Twitter検索 おひつ おひつ しゃもじ
画像:ぱくたそ
執筆=田端あんじ (c)Pouch