今年はディズニー・アニメーション『白雪姫』映画公開80周年。これを記念して世界中でさまざまな企画が催されていますが、そのひとつとして、海外の有名ファッションデザイナー4人が新たに白雪姫のドレスをデザインすることに!

それぞれが作り上げたファビュラスな衣装は見ているだけでもうっとりです♡

【人気海外デザイナー4名がデザイン】

今回、白雪姫の衣装をデザインしたのは新進気鋭のデザイナー4名。Alberti Ferretti(アルベルタ フェレッティ)、Naeem Khan(ナイーム・カーン)、Monique Lhuillier(モニーク・ルイリエ)、Marchesa(マルケーザ)です。

Disney StyleがYouTubeに公開した動画では、各デザイナーがデザインした衣装を見ることができます。白雪姫のモチーフやイメージを踏襲しつつもどれも斬新なものばかり!

白雪姫の衣装というと、青いトップスに黄色いスカートをすぐに思い浮かべますが、そうした要素はまったくありません。

【衣装はNYの高級百貨店にディスプレイ!】

これらの衣装は、ニューヨーク五番街の高級百貨店「サックスフィフスアベニュー(Saks Fifth Avenue)」がディズニーとコラボレーションした『白雪姫』劇場公開80周年ディスプレイに展示されたそう。

「サックス・フィフス・アベニュー」のウェブサイトでスタイルアドバイザーを務めるアレッサンドラ・ロトンディさん(@lasommeliera_alessandrarotondi)のインスタグラムでは、ドレスがディスプレイされている画像を観ることができます。

背中に大きくお城が描かれた紺色のガウンや、ビジューが散りばめられたパフスリーブのドレス、そして純白のドレスにドクロやリンゴがデザインされているようなものも……。

【黄色や赤を大胆に使ったドレスも】

中でも個人的に目を奪われたのはナイーム・カーンがデザインした、色鮮やかでゴージャスなドレスです。

よーく見ると、腕の部分には森の小動物であるウサギのモチーフが隠されているなど、遊びゴコロたっぷりです。ウサギのモチーフは、Disney StyleのYouTube動画でハッキリ確認できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

【白雪姫をモチーフにしたディスプレイが素敵】

現地ではショーまで開催され、おおいに盛り上がった様子。インスタグラムのハッシュタグ「#saksfifthavenue」にも、華やかにライトアップされたディスプレイの画像がたくさん投稿されていました。

目にすれば感激もひとしおかと思いますが、ニューヨークまで行くのはちょっと難しい……。というわけで、YouTubeの動画やインスタグラムの画像で、皆さんもぜひ衣装やディスプレイの雰囲気を楽しんでみてください!

参照元:YouTubeDisney StyleInstagram @lasommeliera_alessandrarotondiInstagram #saksfifthavenue
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

▼4名のファッションデザイナーによる白雪姫の衣装デザイン風景

▼『白雪姫』劇場公開80周年ディスプレイ。ニューヨークのクリスマスって素敵~!

Whistle while you work! #nyc #holidayseason #saksfifthavenue #saksholiday

A post shared by UZ (@zuberiusmanig) on