チョコレートというと洋風のものが多いですが、黒豆やお米、日本酒、わさび、海苔といった日本ならではの和風トッピングをほどこしているのが「粋町しょこら」

和の素材を使ったチョコレートだけでなく、江戸時代の華やかな情景をイメージしたというパッケージデザインもとっても粋で、どれを選ぼうか悩んでしまいそうな素敵さです。

【12種類の和風トッピングチョコ】

「江戸越屋 粋町しょこら」のラインナップは「みるくに小豆」「みたらしにきな粉」「ほうじ茶に黒豆」「ほろにがに金粉」「日本酒に米」「桜に黒蜜」「ほろにがに柚子」「わさびに海苔」「煎茶に茶葉」「栗にくるみ」「お味噌に麩」「いちごに玄米」の12種類。

どれも日本人には慣れ親しんだ素材ばかりですが、これらをチョコレートと合わせるってとっても新鮮! いったいどんな味に仕上がっているのか興味津々になっちゃいますね。

【どんな味なのか気になる!】

たとえば「みるくに小豆」は濃厚ミルクに風味豊かな小豆のサクサク食感が楽しい一品。「日本酒に米」はほんのり日本州が感じられる濃厚ミルクチョコにお米パフが入っているそう。

気になるのは、わさびや味噌を使ったお味。「わさびに海苔」は、つーんときいたわさび風味のチョコにきざみ海苔がはらり。「お味噌に麸」はちょっぴり塩のきいた味噌風味チョコにピンク、緑、白の丸いお麩がトッピングされているんですって。

【どこで買えるの?】

「粋町しょこら」は楽天などの通販サイトで販売されているほか、2月10日・11日に戸越銀座の銀ちゃん物産シアターへの出店が予定されています。

ほかの人とはひと味ちがうバレンタインチョコを探している人にはピッタリ! ひょうたんや桜、和傘などが描かれた江戸情緒あふれるパッケージは12種類すべて異なるデザインとなっているので、会社や友達への配りチョコはもちろん、年配の方や海外の方へのプレゼントにも喜ばれそうですね。

参照元:江戸越屋プレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

▼みたらしにきな粉

▼ほうじ茶に黒豆

▼ほろにがに金粉

 

▼桜に黒蜜

▼ほろにがに柚子

 

▼煎茶に茶葉

▼栗にくるみ

▼いちごに玄米