2018年8月1日、神戸市の三ノ宮駅近くにオープンした「PEANUTS HOTEL(ピーナッツ ホテル)」。スヌーピーをテーマにしたデザインホテルで、18室すべてが異なるデザインという情報がすでに出ていましたが、このたびお部屋の内装が公開に!

これが目にしてビックリ! だって、可愛すぎて「くうぅ~っ!!」なんて身もだえしたくなるようなお部屋ばかり!! スヌーピーの世界観をひと晩かけてゆっくりと、ぞんぶんに堪能できそうなんです。

【4階~6階まで各階ごとにテーマが】

関西初出店となる「PEANUTS Cafe(ピーナッツカフェ)」やレストラン「PEANUTS DINER(ピーナッツダイナー)」も併設しているこちらのホテル。宿泊施設は4階から6階までで、4階は「IMAGINE」、5階は「HAPPY」、6階は「LOVE」というように、各フロアごとにテーマが設けられています。

これらのテーマにもとづき、内装がどんなふうになっているかというと……。

【4階のテーマは「IMAGINE」】

4階の「42」は、コミック” I did it! I’m the first beagle on the moon !(月へ行く世界最初のビーグル犬!)”の月に着陸したスヌーピーが壁に描かれたお部屋。


「43」ではコミック” Here’s JOE COOL impressing the chicks by crushing the empty can with one hand… (ジョー・クールは空き缶を片手でつぶしてかわいこちゃんの気をひいてる…)”に名前が出てくる、スヌーピー演じる大学生ジョー・クールの隠れ家をコンセプトにしていたり。

【5階のテーマは「HAPPY」】

5階の「51」はコミック” It’s a mistake to try to avoid the unpleasant things in life.. (人生で不愉快なことを避けようとするのは間違ってるよ…)”がテーマ。何度負けても諦めないチャーリー・ブラウンの好きな野球がモチーフで、お部屋全体に黄色が効いていたり電球が野球のボールになっていたりと遊びゴコロたっぷり!


そのほか、サーファー・スヌーピーのアートが描かれた海のそばのおうち気分を味わえるお部屋や、


赤富士にあぐらをかくスヌーピーのアートに掛け軸や障子といった和テイストのお部屋も。


ビーグル・スカウトのスヌーピーたちをコラージュしたカリフォルニア州のヨセミテ国立公園のグラフィックや、ランタン、ハット、ロープなど登山アイテムを使って山小屋をイメージしたお部屋も。

【6階のテーマは「LOVE」】

6階のテーマはLOVE、「愛」というだけあってロマンチックなお部屋がいっぱい! 中でも「61」はホテルのコンセプトコミックにもなった、スヌーピーと鳥たちのコミックをイメージしたスペシャルルーム。

全体はモノトーンの内装でシンプルですが、このお部屋にだけあるテラスには、そら植物園の代表で、世界を旅するプラントハンター西畠清順さんがプロデュースの緑たちが広がっているんです! ふたりだけで独り占めできる緑のテラスで愛する人とただただのんびりと過ごしたいですね♡

【10月からの予約受付がまもなくスタート!】

お部屋の一部を写真とともに紹介しましたがいかがでしょうか? 「今すぐ泊まりたい~!」と思った人も多いでしょうが、残念ながら現在のところ9月30日までお部屋は満室!


次回10月1日~11月30日までの予約受付が8月20日13時からスタートするそうなので要チェックです。料金は朝食込みで税別3万円からですが、スヌーピーファンにとっては他では味わえない宿泊体験ができることは間違いなさそうですね! あぁ~、私もいつか泊まってみたいっ♪

参照元:ピーナッツ ホテル
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch