サッカーの試合中、ゴールが決まった瞬間の興奮をさらに盛り上げてくれるのが、ゴールを決めた選手のパフォーマンス。

日本では三浦知良選手による “カズダンス” が有名ですが、いま世界が注目しているのは、マリオ・バロテッリ選手が見せた “セルフィーパフォーマンス” のようなんです。

フランス現地時間2019年3月3日に行なわれたリーグ・アン第27節のサンテティエンヌ戦でゴールを決めた直後、バロテッリ選手は、チームメイトを集めてセルフィー動画を撮影し、なんとそのままインスタグラムへ投稿

一連の行動が、ものすご~~~く現代っ子っぽいのですが~~~!


【めちゃめちゃ話題になってます】

バロテッリ選手による “セルフィーパフォーマンス” の再生回数は、3月15日時点で450万回超と、ドエライことになっています。

反響が大きかったことを受けてのコメントもかっこよく、

「ゴールの後に祝ったりはしない。郵便配達員が、郵便物を配達したことを祝うのを見たことがないだろう?」

と、「サッカー選手がゴールを決めるのは当たり前のこと」と暗に表現している点に、自分が選手であることへの誇りと自信を感じずにはいられません~っ。

ところがこのコメントには後日談がありまして。なんとバロテッリ選手、この投稿の1週間後に「小包を無事に届けられたことを笑顔で祝う郵便配達員」に出会ったとのこと! 

そんなわけで、バロテッリ選手も今後はゴールを決めたら笑顔で祝うことにしたそうですよ。

【ゴール裏にスマホをスタンバイ】

バロテッリ選手は、ゴール裏にいたカメラマンにスマートフォンを預けていたようで、ゴール後にすぐさまそのカメラマンのもとへと移動。

集まってきたチームメイトと一緒にカメラに納まっている様子を、スポーツ専門チャンネルESPNが運営するウェブサイト「ESPN FC」のツイッターで観ることができます。

あまりにもナチュラルな自撮りの流れも、要チェックですよぉ〜!

【セルフィーパフォーマンスは珍しいことではない!?】

ゴールを決めた後のセルフィーなんて前代未聞という感じがしますが、実はこうしたパフォーマンスは史上初というわけではない模様。

たとえば2015年には、元イタリア代表のフランチェスコ・トッティ選手が、ゴール後のセルフィーを撮影していて、その様子が動画でとらえられているんですよね。

サッカー界のみならず、野球やアメリカンフットボールの試合会場でもセルフィーパフォーマンスが行われてきているようで、調べてみると現代のスポーツ界においてさほど珍しいことではないようなんです。

SNS時代を象徴するかのような、今回のパフォーマンス。これからもどんどん増えていくかもしれませんね!

参照元:Instagram @mb459Twitter @ESPNFCYoutube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼チームメイトみんなが仲良さそうなところにもほっこり

▼おまけ:トッティ選手のセルフィーパフォーマンスです