【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのはディズニー映画『アラジン』(2019年6月7日公開)です。1992年のアニメ映画の実写映画化。魔法使いのジーニーに扮した青いウィル・スミスのヴィジュアルが話題になりましたよね。その『アラジン』がいよいよ公開。では物語から。

【物語】

アグラバー王国の街で暮らすアラジン(メナ・マスード)は、貧しい暮らしのため、人生を変えるチャンスがほしいと願っていました。ある日、泥棒に間違えられた女性を助けたアラジン。彼女は王女の侍女だと名乗りましたが、実は王女ジャスミン。自由のない生活に嫌気がさしてこっそり王宮を抜け出したのでした。二人は心惹かれ合いますが身分の差という壁が……。

【ディズニー実写映画でもっとも濃厚な世界観】

ディズニーアニメの実写化として『ダンボ』に続いて登場した『アラジン』。楽しかったですよ~!これまでの実写の中でもキャスト&映像がいちばんこってり濃厚な作品でした。衣装は原色が多く、ジャスミンのドレスは目が覚めるようなピンクやグリーン。王宮のセットもキラキラゴージャス。インド映画的な要素があり、何もかもド派手です。

また、アラジンがジャスミンを救うシーンのスピード感、ジーニーが魔法を駆使するときのエンタメ感、魔法のじゅうたんの空中飛行の爽快感など、まさにザ・ディズニー・ワールド! 『アラジン』の世界を体感できるアトラクションに乗っている感じがしました。めっちゃ楽しい!

【身分違いの恋という王道要素と自由を求めるヒロインの現代感】

アラジンとジャスミンの恋は身分違いの恋というラブストーリーの王道ですが「ロミオとジュリエット」的な悲恋ではなく、コミカルな要素とロマンスの塩梅が絶妙なとてもかわいい恋物語です。ただジャスミンは王子様を待っているプリンセスではなく「女王になって国を守る人間になりたい」という強い願いを持った現代的な女性。

そんなジャスミンが自由を求めて熱唱する「スピーチレス〜心の声」は、本作のためにアラン・メンケンと『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』の音楽を手掛けたベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが組んで作り上げた新曲。「ジャスミンってこんなに力強い女性だったんだ!」と改めて感動しちゃいました。

【出演シーンですべてをさらっていく強烈な存在感ジーニー】

賢くていろんなことを要領よくこなしていくアラジンはユーモアのセンスも抜群。相棒の猿アブーとのやりとりはとても楽しく、にぎやかなジーニーとの相性もバッチリです。そのジーニーはやっぱり(!!)ウィル・スミス色がかなり濃厚。ジーニーの曲「フレンド・ライク・ミー」はヒップホップなノリが加味され、ウィル・スミスの独壇場!「もしや主役はジーニーですか?」と思うほどでしたよ。

【アラジンを演じた中村倫也の甘い声】

日本語吹き替え版でアラジンを演じたのは、俳優の中村倫也さん。声優初挑戦ですが、大作映画への抜擢も演技力でクリア。「こんなに甘い声でしたっけ?」というくらいの美声で、アラジンをより魅力的に見せることに成功しています。

難役ジーニーはアニメ版に続いて山寺宏一さん。ウィルのマシンガントークを日本語吹き替え版でどうするんだろうと思いましたが、さすが山ちゃん。ウィル・スミスのノリにあわせたスピード感と笑いをジーニーにたっぷり注入していて、お見事! まさに神業でしたよ。

どんな世代にもオススメな映画『アラジン』。インド映画的なノリも楽しめる点も新鮮なディズニー作品。アニメ版と見比べても楽しいかもしれませんね!

執筆:斎藤 香 (c) Pouch

アラジン
(2019年6月7日より全国ロードショー)
監督:ガイ・リッチー
出演:メナ・マスード、ナオミ・スコット、ウィル・スミス、マーワン・ケンザリ、ナヴィド・ネガーバン、ナシム・ペドラド、ビリー・マグヌッセン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

▼「アラジン」♪『ホール・ニュー・ワールド』プレミアム吹替版MV 60秒

▼中村倫也さんら日本語版の声優陣たち

This slideshow requires JavaScript.