斎藤 (Kaori Saito)

映画ライター

映画誌の編集者を経て、フリーのエディター&ライターに。好きな映画はシニカルなコメディとミステリー系。好きな監督はウディ・アレン。

「斎藤香」担当の記事

アイスランドには家事を学ぶ学校がある…ドキュメンタリー映画『主婦の学校』/  家事は生きることに直結する大切な作業だと教えてくれます

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、世界で最もジェンダー平等の国と言われるアイスランドが舞台のドキュメンタリー映画『主婦の学校』(2021年10月16日公開)です。主婦の学校という名前だけど、男女共学。さまざまな家事とそれを学ぶ学生たちを追いかけた本作は、インテリアや料理などの北欧アイテムも登場しとっても素敵なのですが、何より生きるために大切なことは何かを教えてくれる映画なのです!

→ 続きを読む

映画『燃えよ剣』で見せる岡田准一の殺陣が凄すぎる! 山田涼介の美しい沖田総司にも注目です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、新型コロナ感染拡大の影響で、本当は昨年公開される予定が、なんと1年以上延期になっていた岡田准一主演の時代劇『燃えよ剣』(10月15日公開)です。

やっと公開ですよ~。司馬遼太郎の同名小説の映画化。共演は鈴木亮平、山田涼介、柴咲コウ、伊藤英明などスター俳優が勢ぞろい!

試写で見せていただきましたが、岡田さんは時代劇が本当によく似合い、剣さばきもお見事でした! では物語からいってみましょう。

→ 続きを読む

【本音レビュー】ニコラス・ケイジがふんどし姿に! 園子温ワールドをハリウッドで爆発させた映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、日本映画界の鬼才・園子温監督のハリウッドデビュー作『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』(2021年10月8日公開)です。

園監督といえば『愛のむきだし』、染谷翔太&二階堂ふみ主演の『ヒミズ』、埼玉愛犬家連続殺人をベースにした『冷たい熱帯魚』など、濃厚な人間ドラマや強烈なバイオレンスを描いているイメージ。

でも実はずっとハリウッドで映画を撮ることを目標にしてきたそう。本作『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』は念願が叶ったハリウッドデビュー作なのです!

試写で観させていただきましたが、個性的なキャラが続々登場する映画で面白かったですよ。では物語から。

→ 続きを読む

【本音レビュー】『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』はダニエル・クレイグが演じる最後の作品に! エンドロールは最後までみてほしい、なぜなら…!

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回は世界中が注目している超話題作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021年10月1日公開)です。ダニエル・クレイグが演じる最後のジェームズ・ボンド作品。

彼が6代目ジェームズ・ボンドに抜擢された『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)から、本作は5作目、これが最後なんて~(涙)。

では物語から。

→ 続きを読む

【ネタバレあり】韓国映画『整形水』は、ただのホラー映画ではない! 人が持つ幸せと価値観の難しさにもメスをいれた物語です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは韓国ホラーアニメーション映画『整形水』(2021年9月23日公開)です。

原作は、オムニバス形式のスリラーマンガとして人気の『奇々怪々』内の1編「整形水」(作者名:Osd/LINEマンガで配信中)。

ホラーですが、その内容には外見至上主義の現代がもたらす問題も抱えているような気がしました。

韓国のアニメーションは初めて観たのですが、内容がエグくて面白かったです。では物語から。

→ 続きを読む

秋に見て欲しいオススメの映画4つ! スリル系、感動系、純愛ラブストーリー、ドキュメンタリー系

秋ですね~。映画界は話題作がたくさんあって盛り上がっています。

そこで、最新作から過去作まで「秋にピッタリの映画」を4作品ピックアップ!

劇場公開の最新作からネット配信まで、ハラハラするのもあれば、じっくり感動できる作品など、タイプ別に選んでみました。(配信は有料もあります)

→ 続きを読む

木村拓哉&長澤まさみ共演作『マスカレード・ナイト』は容疑者が豪華すぎてみんな怪しい! 観客も推理を楽しめる仕掛けも

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは木村拓哉と長澤まさみが共演した『マスカレード・ナイト』(2021年9月17日より公開)です。

東野圭吾原作ミステリーの映画化『マスカレード・ホテル』シリーズの第2弾となる本作は破天荒な刑事と生真面目なホテルのコンシェルジェが、ホテルに訪れるゲストの中から殺人犯を探し出すというサスペンスミステリー。

今回の舞台は、ホテルで開催される「マスカレード・ナイト(仮面舞踏会)」です!

試写で観させていただきましたが、スター共演の華やかなエンタテインメント映画に仕上がっておりました! では物語から。

→ 続きを読む

黒木華と柄本佑共演のユニークな不倫映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』 / 漫画家の妻が漫画で復讐していきます

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは黒木華と柄本佑共演のユニークな不倫映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』(2021年9月10日公開)です。

オリジナル企画のコンテスト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2018」の準グランプリ受賞作品の映画化。

「これが準グランプリなの?」っていうくらい凝った構成のユニークな不倫映画なんですよ。夫に浮気された漫画家の妻が、漫画で復讐をするというストーリーと最後まで観客を振り回す展開がいい! では物語からいってみましょう。

→ 続きを読む

【本音レビュー】マーベル初アジアンヒーロー『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は特殊なカンフー能力の持ち主 / エンドロール後にも注目

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのはマーベル・スタジオの最新作『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(2021年9月3日公開)です。

ついにマーベルからアジアンヒーローが映画に登場ですよ。コミックスでは「マスター・オブ・カンフー」的な存在だったシャン・チー。

映画はコミックスをベースに、シャン・チーの力の秘密と家族ドラマが展開されるようです。ワクワクしながら、公開初日に劇場で鑑賞してきました!

→ 続きを読む

【正直レビュー】Amazon新歌番組『ザ・マスクド・シンガー』が圧倒的な面白さ! ”正体を隠して歌う有名人” を推理する歌番組です

【最新アマゾン プライム ビデオ批評】
映画ライター斎藤香がアマゾン プライム ビデオの番組の中から、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのはアマゾン プライム ビデオの2021年の超プッシュ番組『ザ・マスクド・シンガー』(2021年9月3日より配信)。

大泉洋さんが司会を務め、12名の有名人(歌手、アスリート、文化人など)が覆面マスク姿で、誰もが知っているヒット曲を熱唱! 誰が歌っているのかを推理するという歌番組なのです。

一足お先に見せていただいたのですが、めちゃくちゃ面白かったですよ。「これは新しい歌番組としてぜひ多くの人に見ていただきたい!」と思い、ご紹介させていただきます。

→ 続きを読む

【本音レビュー】ジブリ初フル3DCG映画『アーヤと魔女』はうまくいきすぎ!? ジブリ史上もっともたくましい主人公アーヤとは?

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのはスタジオジブリのアニメーションの新作『アーヤと魔女』(2021年8月27日公開)です。ジブリ初のフル3DCG作品で、企画は宮崎駿、演出は宮崎吾朗監督。

宮崎駿監督が映画化した『ハウルの動く城』(2004)のダイアナ・ウィン・ジョーンズの児童書の映画化作品です。

劇場で観てきましたよ!いろんな意味で考えさせられる作品でした。では物語から。

→ 続きを読む

村上春樹原作・西島秀俊主演の『ドライブ・マイ・カー』 /  多国籍俳優&岡田将生さんの演技力の凄みにも注目です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは映画『ドライブ・マイ・カー』(2021年8月20日公開)です。

映画『寝ても覚めても』(2018)の濱口竜介監督の最新作。

今年のカンヌ国際映画祭で脚本賞、国際映画批評家連盟賞、AFCAE賞、エキュメニカル審査員賞の独立賞を受賞するなど、評価の高い作品で、主演は、西島秀俊さん。原作は村上春樹の短編「女のいない男たち」をベースに濱口監督と大江崇允さんが脚色しました。

→ 続きを読む

美少年たちの激しいひと夏の恋を描いた『Summer of 85』/ 一筋縄ではいかないミステリアスな展開に胸がざわめく…

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップしたのは、人気監督フランソワ・オゾン監督の最新作『Summer of 85』(2021年8月20日公開)です。

美しい少年たちのひと夏の恋物語ではあるのですが、さすがオゾン監督、一筋縄ではいきません。

主人公の少年の回想で語られる物語はミステリアスな仕掛けもあり、最後まで目を離せない作品に! では物語から。

→ 続きを読む

映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』は監督が変わり面白さもアップ!  監督の愛情深さをひしひしと感じます

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは「DCエクステンデッド・ユニバース」シリーズの最新作『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(2021年8月13日公開)です。

前作『スーサイド・スクワッド』のデヴィッド・エアー監督から、なんとマーベルコミックの映画化作品『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督にバトンタッチ。

前の監督には申し訳ないのですが、これが大大大成功! ジェームズ・ガン節が冴えわたる最高に面白い作品になっています! では物語から。

→ 続きを読む

映画『キネマの神様』ジュリーが志村けんと主役を二人三脚で演じきった感動作 / 菅田将暉&野田洋次郎の共演も

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは松竹映画100周年記念作品『キネマの神様』(2021年3月6日公開)です。

2020年、主役のゴウ役をつとめていた志村けんさんが急逝。志村さんの遺志を継いで代役をつとめたのが、親交が深かったジュリーこと沢田研二さんです。

ゴウの若い頃を演じるのが菅田将暉さん。ほかにも永野芽郁さんや北川景子さん、野田洋次郎(RADWIMPS)など豪華な出演陣です。いい意味で昭和感がたっぷりあって、しみじみ感動できる映画でした。では物語から。

→ 続きを読む

映画『ジャングル・クルーズ』は、まるでアトラクションに乗ってるような迫力! 夏にピッタリの冒険映画です!

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、ディスニーランドの人気アトラクションから誕生した映画『ジャングル・クルーズ』(7月29日映画館 & 7月30日ディズニープラス プレミア アクセス公開)

野生の動物が住む神秘的なアトラクションがどんな映画になっているんだろうとワクワクしましたよ!

では物語からいってみましょう!

→ 続きを読む

【本音レビュー】Netflixドキュメンタリー『大坂なおみ』の素晴らしさについて「私が強くなるために払ってきた犠牲は誰も知らない」

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が、Netflixから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのはNetflix ドキュメンタリーシリーズ 『大坂なおみ』(2021年7月16日より配信開始)です。

日本人で初めてグランドスラム優勝、世界ランキング1位と輝かしい成績を残しているテニス界のトッププレイヤー大坂なおみさん。

今年、SNSで「アスリートの心の健康が無視されている」と試合後の記者会見に応じないと表明した報道があり、世界がざわめきましたが、このドキュメンタリーを見ると、わかるんですよ、彼女の心の内側が。こんなに繊細な女性だったのかと!

ではこのドキュメンタリーのストーリーからいってみましょう。

→ 続きを読む

映画『東京リベンジャーズ』はタイムリープするヤンキー映画!北村匠海、吉沢亮らの華麗なバトルシーンが胸アツです

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは映画『東京リベンジャーズ』(2021年7月9日公開)です。和久井健の人気コミック「東京卍リベンジャーズ」をイケメン俳優総出演で描いたケンカ上等なヤンキー映画。しかし、この映画はただのヤンキー映画とは違い、主人公が大切な人を救うためにタイムリープして闘うという、変化球なヤンキー映画なのです。では、物語からいってみましょう。

→ 続きを読む

【本音レビュー】映画『100日間生きたワニ』は新キャラのカエルがキーパーソンに / 仲間を失った喪失感からの再生にジーンときます

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのはアニメーション映画『100日間生きたワニ』(2021年7月9日公開)です。

原作はきくちゆうき著「100日後に死ぬワニ」で、SNSで連載されていた4コマ漫画。すごく話題になったので、ご存じの方は多いはず。

この原作を『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督とふくだみゆき監督が共同監督で映画化しました。声の出演は、神木隆之介、中村倫也、木村昴、新木優子、ファーストサマーウイカ、山田裕貴など、超豪華! 

では物語からいってみましょう。

→ 続きを読む

【映画レビュー】マーベル新作『ブラック・ウィドウ』は最高なアクション&愛情深さを堪能できる傑作! 妹エレーナにも注目です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、マーベル・シネマティック・ユニバースの最新作『ブラック・ウィドウ』(2021年7月8日映画館&7月9日ディズニープラス プレミア アクセス公開)です。

アベンジャーズ/エンドゲーム』から2年、本作は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)と『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)の間で起こった物語を描いています。

ブラック・ウィドウはマーベル映画に7作品出演していますが、やっと主演映画が作られて歓喜!

試写で観させていただきましたが、もう大興奮!!! かっこよすぎる!!! 女性のアクション映画として突出する面白さでした。では物語から。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 35