斎藤 (Kaori Saito)

映画ライター

映画誌の編集者を経て、フリーのエディター&ライターに。好きな映画はシニカルなコメディとミステリー系。好きな監督はウディ・アレン。

「斎藤香」担当の記事

映画ライターが選ぶ「素敵な出会い」をテーマに描いたオススメ映画4選

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香がアマゾンプライムで見られる映画の中から、オススメ作品を厳選してご紹介します。

今回は「出会いにワクワクできる映画」です。新しい職場、新学期、出会いの多いシーズンなので、出会いが人生を変えたり、豊かにしてくれたりする映画をピックアップしました!

→ 続きを読む

広瀬すず&吉沢亮が振り切った演技を見せる『一度死んでみた』は徹底的に笑えてくだらない!? 監督は三太郎CMのディレクターです

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは広瀬すず主演映画『一度死んでみた』(2020年3月20日公開)です。意外にも広瀬すずちゃん、コメディ初挑戦なんですよ。加えて共演陣がハンパなく豪華。吉沢亮、堤真一だけじゃなありません。妻夫木聡や佐藤健など、わき役まで主演級の俳優たちが勢ぞろい。すごいメンツで、とにかく見どころ満載なのです。では物語からいってみましょう。

→ 続きを読む

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』は痛快ガールズアクション映画! 不安やモヤモヤをスカっと吹き飛ばしてくれるよ

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(2020年3月20日公開)です。以前紹介した『スキャンダル』で素晴らしい演技を見せていたマーゴット・ロビーが、映画『スーサイド・スクワッド』で演じたハーレイ・クインとしてスクリーンに再び降臨。本作では堂々と主演キャラに昇格ですよ。これがめちゃくちゃ楽しい映画だったのです! 世の中の不安やモヤモヤなど、すべて吹き飛ばしてくれますから~。では物語からいってみましょう。

→ 続きを読む

【ネタバレあり】ホラー映画だけど明るく美しい世界が広がる映画『ミッドサマー』 怖さの正体とは…

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、ジワジワと人気を博している映画『ミッドサマー』(2020年2月21日公開)です。北欧の夏至祭を舞台にした明るくて、お花がいっぱいで、ヴィジュアルはとてもきれいな映画なのですけど、そこで行われていることがエグすぎるという、ちょっと珍しいタイプのホラー映画です。では物語から。

→ 続きを読む

東日本大震災時、福島原発の事故拡大を防ぐために現場に残った人々がいた…映画『Fukushima 50』は震災を忘れないために作られた作品です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは映画『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』(2020年3月6日公開)です。東日本大震災で起こった福島第一原子力発電所の事故。放射能を食い止めようと必死に立ち向かった福島第一原発の吉田所長はじめスタッフたちの事実をベースにした物語は、3.11の大震災を忘れないためにも観ておきたい作品です。

ちなみにタイトルの「Fukushima 50」というのは、暴走する原発に立ち向かった人々を海外メディアがそう称えて付けたことに由来しています。では物語から。

→ 続きを読む

『オズの魔法使い』で大スターになった少女は虐待されて人生が狂った…映画『ジュディ 虹の彼方に』で描かれた彼女の人生とは?

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは『ジュディ 虹の彼方に』(2020年3月6日公開)です。主役のジュディを演じたレネー・ゼルウィガーが第92回アカデミー賞主演女優賞を受賞した本作は、1930~1960年代に活躍した往年の大女優ジュディ・ガーランドの少女時代と晩年を描いた物語。ひとりのスター女優が少女時代にどれだけ酷使されていたか、そしてその影響で大人の女優になってどれだけ困難な道を歩むことになったのかを描き、驚きの真実と共にレネーの絶唱に涙する大感動作に仕上がっています!

→ 続きを読む

映画『架空OL日記』は、バカリズム演じる銀行OLたちのあるあるな日常に大共感!演技派女優陣がOLのリアルを体現しています!

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのはバカリズムが原作&脚本&主演を務めた映画『架空OL日記』(2020年2月28日公開)です。バカリズムのブログを書籍化した「架空OL日記」がテレビドラマ化を経て映画化されました。私はドラマ版は見ていないのですが、映画だけでも十分楽しめましたよ。では物語から。

→ 続きを読む

【本音レビュー】『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』は千葉雄大の表情演技に注目! 物語はツッコミ所もあるよ

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは大ヒット映画『スマホを落としただけなのに』(2018年)の続編『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』(2020年2月21日公開)です。主演は前作で事件を解決に導いた加賀谷刑事を演じた千葉雄大さん! 共演は成田凌さん、乃木坂46の白石麻衣さんというスターがそろいました。面白かったですよ~!! では、ご紹介していきましょう!

→ 続きを読む

アメリカで実際に起きたセクハラ事件を素にした映画『スキャンダル』がリアルで怖い…カズ・ヒロの特殊メイクにも注目です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは第92回アカデミー賞でカズ・ヒロさんがメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した映画『スキャンダル』(2020年2月21日公開)です。

この映画は、2016年にアメリカニュース放送局で視聴率1位を誇る「FOXニュース」で実際に起きたセクシャルハラスメント事件を題材に、登場人物たちもすべて実名で描かれたもの。

シャーリーズ・セロンがカズ・ヒロさんの特殊メイクにより、実在する人気キャスターの顔に激変したのが話題になりましたが、ヴィジュアルだけでなく中身も見ごたえありましたよ! では物語から。

→ 続きを読む

映画『1917 命をかけた伝令』はワンカット撮影ゆえの緊張感がすごい! 観客は戦場に放り込まれたような気持ちになります

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、第92回アカデミー賞撮影賞、視覚効果賞、録音賞を受賞した映画『1917 命をかけた伝令』です。『アメリカン・ビューティ』でアカデミー賞監督賞を受賞。『007/スカイフォール』『007/スペクター』とヒット作を手掛けたサム・メンデス監督がワンカットの映像で仕上げた画期的な作品です!では物語から。

→ 続きを読む

高畑充希と山﨑賢人のヲタクカップルが愛おしくなる! 映画『ヲタクに恋は難しい』は攻めたミュージカル映画です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは大ヒット作『銀魂』などで知られる福田雄一監督の最新作『ヲタクに恋は難しい』(2020年2月7日公開)です。同名のWEB漫画の実写映画化。主演は高畑充希&山﨑賢人です。これが面白かったんですよ~。では物語から。

→ 続きを読む

【映画レビュー】東出&唐田共演の映画『寝ても覚めても』は異質なラブストーリー / ヒロインの愛の暴走に振り回される映画です!

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が、話題の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、柴埼友香の同名原作を東出昌大と唐田えりか主演で映画化した『寝ても覚めても』(2018年度作品)です。世間を騒がせている東出さんと唐田さんですが、この作品はカンヌ国際映画祭にも出品され、海外の映画評論家にも好評だった作品です。

→ 続きを読む

映画『ロマンスドール』は2020年最高の恋愛映画の予感 / 高橋一生と蒼井優演じる夫婦のベッドシーンが美しい…

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは高橋一生と蒼井優が共演するラブストーリー『ロマンスドール』(2020年1月24日公開)です。タナダユキ監督が自身の同名小説を映画化。

ラブドール制作者とモデルのラブストーリーなのですが、高橋×蒼井の相性が抜群で、とても素敵なお話だったんですよ~! というわけで物語から。

→ 続きを読む

【本音レビュー】映画『キャッツ』は吹き替えの方がオススメ! 高橋あず美、山崎育三郎、ロバート秋山など魅力的な歌声が聞けるよ

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのはいろんな意味で話題の映画『キャッツ』(2020年1月24日公開)です。映画『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督が手がけた大ヒットミュージカルの映画化で、日本では劇団四季の「キャッツ」が有名ですね。

全世界累計観客動員数8100万人、日本公演は通算10000回を誇る超人気ミュージカルの映画化とあって、制作時から期待されていました……が、全米では大コケ! 批評家からもそっぽを向かれてしまったそうで、悲しい……。何がダメなの? というわけで、映画『キャッツ』を観てきました!

→ 続きを読む

【本音レビュー】映画『mellow』で田中圭がイケメンの花屋さんに!「おっさんずラブ」とは違う癒やし系のモテ男を演じてます

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、
ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、田中圭主演映画『mellow』(2020年1月17日公開)です。『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』の今泉力哉監督の最新作。本作は今泉監督のオリジナル脚本による作品です。

田中圭が『劇場版おっさんずラブ~LOVEorDEAD~』とは全く別の顔を見せていますよ。

→ 続きを読む

岩井俊二が描く映画『ラストレター』は初恋を思い出す切なくてじんわりする作品…名作「ラブレター」に似た演出もありました

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは岩井俊二監督の最新作『ラストレター』(2019年1月17日公開)です。岩井監督の傑作ラブストーリー『Love Letter』(1995年)を彷彿させる、手紙をモチーフにした初恋物語です。これが学生時代に気持ちをトリップさせてくれる作品なんですよ~。まずは物語から。

→ 続きを読む

カンヌ最高賞受賞!韓国映画『パラサイト 半地下の家族』はコメディから予測不能サスペンスへと展開していく名作です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、韓国映画『パラサイト 半地下の家族』(2019年1月10日公開)です。『グエムル-漢江の怪物-』などヒット作多数のポン・ジュノ監督の最新作で、カンヌ国際映画祭最高賞パルムドールを受賞した話題作です!

世界中で大ヒットしており、実に評判のいい本作。私は試写で観させていただきましたが、想像のはるか上を超える出来で、「2020年のナンバー1映画決定!」と言ってもいいくらい大興奮しました。では物語から。

→ 続きを読む

映画ライターオススメのグルメ映画5選! 思わずお腹がグーッと鳴りそうな料理がいっぱいです

【お正月休み向けオススメ映画】
映画ライター斎藤香が、年末年始にオススメの映画をご紹介します。いずれもAmazonビデオでも視聴OKの作品です。

今回ご紹介するのは、おいしそうなグルメ映画です。クリスマス~大晦日~お正月と何かと食べる機会が多い年末年始ですが「おいしいごはんが幸福を運んでくる~」と感じさせてくれる映画を選んでみました。空腹時に見るとお腹がグーと鳴りますので要注意!

→ 続きを読む

これは見て欲しい! 映画ライターが選ぶ、2019年公開映画ベスト5★

映画ライターの斎藤香が2019年ベスト5を発表~。

2019年上半期のベスト5とは違う作品をチョイス! 上半期ベスト5と合わせて2019年のベスト10が完成します!

→ 続きを読む

家族を守るための仕事で家族がバラバラに…『家族を想うとき』が描くイギリスの「働き方問題」は日本と同じでした

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは英国の名匠ケン・ローチ監督作『家族を想うとき』(2019年12月13日公開)です。是枝裕和監督が大尊敬する映画監督であるケン・ローチの作品は、社会の弱者にスポットをあてた作品が多く、リアリティある人物描写でさまざまな家族の姿を見せてくれます。本作は英国の労働者階級の家族の今を切り取った作品で、すご~く考えさせられます。では物語から。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 30