斎藤 (Kaori Saito)

映画ライター

映画誌の編集者を経て、フリーのエディター&ライターに。好きな映画はシニカルなコメディとミステリー系。好きな監督はウディ・アレン。

「斎藤香」担当の記事

【本音レビュー】 話題作『プーと大人になった僕』は大人こそ観たい名作! かわいいプーさんが疲れた心を癒す名言満載です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、
ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは『プーと大人になった僕』(2018年9月14日公開)。先日Pouch記者が挑戦した「ABCクッキングスタジオ『プーと大人になった僕』公開記念の体験コース」!など、プーさんもりあがっていますよ〜。そして、いよいよ実写版が公開です!

日本ではミッキーマウスと同じくらい絶大な人気を誇るプーさん。「どんだけ可愛いんだろう」とワクワクしながら、ワタクシ、一足お先に試写で見させていただきました。では、物語から。

→ 続きを読む

【本音レビュー】土屋太鳳と芳根京子は “優等生女優” の殻を破れたか? 映画『累 -かさね-』は才能と美を奪い合う女同士の愛憎劇です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは土屋太鳳と芳根京子が共演する『累 -かさね-』(2018年9月7日公開)。キスをすると相手の顔と入れ替わる不思議な口紅を利用して、自分のコンプレックスを払拭し、完璧になろうとする女ふたりの愛憎劇で、松浦だるまの同名漫画の実写映画化です。

NHK連続テレビ小説のヒロインを演じたこともある2人が、朝ドラ出身の優等生女優の殻を破る大熱演と話題なので、さっそく公開日初日に見てきました! では物語から。

→ 続きを読む

【本音レビュー】映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』で、90年代の女子高生の熱き友情と、大人になった彼女たちの切ない人生に涙…!

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』(2011)の日本版リメイク『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(2018年8月31日公開)です。疎遠になっていた“サニー”というグループの仲間が再結集し、友情を再熱させるストーリー。篠原涼子演じるヒロインの高校時代を広瀬すずが演じたことでも話題の本作。

80年代を舞台にした韓国版を、90年代の日本に置き換えて見事にリメイクしたのは、若者カルチャーを切り取るのが上手い大根仁監督です! では物語からいってみましょう。

→ 続きを読む

【本音レビュー】木村拓哉vs二宮和也の演技バトルを感じる超話題作『検察側の罪人』 / ニノの抑えた演技で際立つキムタクの圧倒的な存在感がスゴイです…

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは木村拓哉、嵐の二宮和也の初共演が超話題のミステリー映画『検察側の罪人』(2018年8月24日公開)。この映画は制作発表のときから、ジャニーズファンはざわざわしっぱなし。奇跡の共演ですからね! しかも監督・脚本は『駆込み女と駆出し男』『関ヶ原』の原田眞人監督!

では、物語からいきましょう。

→ 続きを読む

【本音レビュー】話題作『銀魂2』は危険すぎるパロディー演出やイケメン俳優の制服姿など見所盛りだくさん! ギャグもアクションも演技も全力の作品でした

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは『銀魂2 掟は破るためにこそある』(2018年8月17日公開)です。こちら公開初日に映画館で鑑賞して来ました!

本作は、空知英秋の同名原作の中から「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を合体させたもの。原作は未読で、前作の『銀魂』は見ているというハンパな私ですが「原作を知らない人でも楽しめるかどうか」の視点で本音レビューしたいと思います。では物語から。

→ 続きを読む

【本音レビュー】映画『オーシャンズ8』は女泥棒たちの華麗なる強盗テクが痛快! だけど、あれ? 敵がいない…

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは映画『オーシャンズ8』(2018年8月10日公開)です。大ヒット映画『オーシャンズ11』の女性版で、主役デビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)は『オーシャンズ11』のダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)の妹。彼女がドリームチームを結成して、カルティエの1億5000万ドルの宝石を奪うというのが本作のミッションなのですが……! まず物語から。

→ 続きを読む

ママがスーパーヒーローで、パパがワンオペ育児に大苦戦!? 『インクレディブル・ファミリー』は2018年公開作のベスト10に入る傑作です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのはディズニー/ピクサーの最新作『インクレディブル・ファミリー』(2018年8月1日公開)です。前作『Mr.インクレディブル』(2004年)の14年後に登場した続編。映画界では「パート2はパート1よりもつまらなくなる」と言われることが多いのですが、本作はその定説を覆し、確実にパート1よりも面白くなっています! 個人的には2018年度公開作ベスト10に必ず入る傑作だと思いました。では、物語からいってみましょう!

→ 続きを読む

【本音レビュー】『劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』は、10年間の集大成! だけど感動シーンが緊急救命の緊迫感を上回っていたような…

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回は大人気ドラマの映画化『劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』(2018年7月27日公開)です。2008年7月期にフジテレビ系列で放映されたドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」は、4人の若きフライトドクターと1人のフライトナースの成長、緊急医療現場のリアル、医師と患者の関係性を描いて大ヒット。2009年のスペシャルドラマを挟んで、2010年の2nd、2017年の3rdシーズン、いずれもヒットを記録しました。私も1stシーズンからドラマを見てきたので、映画化には期待大! では、物語からいきましょう。

→ 続きを読む

【本音レビュー】もっとユーモアがほしかった! 話題作『未来のミライ』は現実感たっぷりの家族映画でした

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回、ピックアップするのは、細田守監督の最新作、アニメ映画『未来のミライ』(2018年7月20日公開)です。『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』などで人気の細田監督作品。では物語から。

→ 続きを読む

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を4DXと2Dで見比べてみた! 4DXなら恐竜の足音や追いかけられる臨場感を体験できます

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは絶賛公開中の映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年7月13日公開)です。公開4日間で、動員145万3,273人、興収21億677万円。前作は公開7日目で達成した20億円突破を、この連休で突破するという快挙を成し遂げ、まさに恐竜の如く他者を寄せ付けない圧倒的強さを見せつけました!!!

そんな話題の『ジュラシック・ワールド/炎の王国』。今回は2Dと4DXの両方で鑑賞して見比べてきました! どれくらいの差があるのでしょうか? ではまず物語から。

→ 続きを読む

映画ライターが選ぶ絶対に見て欲しい「2018年上半期の映画ベスト5」を発表! ディズニー映画「リメンバー・ミー」やカンヌ最高賞を受賞した「万引き家族」など


映画ライター斎藤 香が、夏休みにオススメの上半期のベストムービーをご紹介いたします!

2018年の上半期、映画界は大いに盛り上がりました。大ヒット作と言えば、アニメ映画『名探偵コナン ゼロの執行人』。累計興収は85億円を突破し、まだ記録を伸ばしそうだし『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』も期待通りの面白さで大ヒット中。夏休みに劇場で見ようという方は多いでしょう。

でも「見たかったけど上映終わっちゃった~」という映画をチェックして、自宅鑑賞するのも楽しいものです。そこで、映画ライターの斎藤 香が、2018年上半期に公開された作品の中からベスト5をピックアップしました。あなたが見損ねていた作品があるかも? では、5位から発表しましょう。

→ 続きを読む

綾野剛や北川景子が腹踊りしてサルと戦う!? 狂気の世界『パンク侍、斬られて候』は、スター俳優たちの振り切った怪演が見どころです

今回ピックアップするのは綾野剛主演のアクション時代劇『パンク侍、斬られて候』(2018年6月30日公開)です。町田康の同名小説の映画化作品で、脚本を宮藤官九郎、鬼才・石井岳龍が監督をつとめています。

正直、「こういう映画です」と説明するのが難しいほど個性が強い作品。しかし出演者の豪華さと、他作品では見れない激しすぎる演技は見ものです! まずは物語からいきましょう。

→ 続きを読む

吉沢亮の「猫」演技が罪深い可愛さ! 映画『猫は抱くもの』は物語だけじゃなく演出も出演者も魅力的な世界観です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、レビューをします。

今回ピックアップするのは沢尻エリカ、吉沢亮が出演する犬童一心監督作『猫は抱くもの』(2018年6月23日公開)です。私はこの映画を見て衝撃を受けました。「映画?舞台?どうなってるのコレ!」という、まったく見たことのない世界がスクリーンに描かれていたからです。では物語から。

→ 続きを読む

長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生が巨大な悪と戦う! 映画『空飛ぶタイヤ』は、女子歓喜のイケメンを愛でる映画なのです!

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、レビューをします。

今回ピックアップするのは、池井戸潤のベストセラー小説の映画化『空飛ぶタイヤ』(2018年6月15日公開)です。累計170万部を突破した小説の映画化で、主演はTOKIOの長瀬智也。そして脇を固めるのはディーン・フジオカ、高橋一生、という泣く子も黙るイケメン俳優陣です! 目にも嬉しい出演陣ですが、内容もわかりやすくて女性でもスッと映画の世界に入ってしまいます。では物語から。

→ 続きを読む

【正直レビュー】映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は妻の奇行が強烈過ぎて、夫婦愛のドラマが食われている……!?

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回は榮倉奈々&安田顕共演作『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』です。Yahoo!知恵袋の「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか」という投稿が話題となり、ニコニコ動画でボーカロイド曲が誕生し200万回再生→コミックエッセイ化→映画化という異例の作品です。予告編では原作を裏切らない “死んだふりのヴィジュアル” が話題となり、とても楽しみにしていた映画なのですが……あれれ!? まずは物語からご紹介します。

→ 続きを読む

【カンヌ最高賞】映画『万引き家族』は自分の中の “正義” が揺さぶられる傑作 / 社会に見捨てられた家族の生き様に胸がエグられます【最新シネマ批評】

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、レビューをします。

今回ピックアップするのは第71回カンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)を受賞した是枝裕和監督の最新作『万引き家族』(2018年6月8日公開)です。受賞のニュースが日本全国を駆け巡り、多くのメディアで紹介されていたので、ご存じの人も多いでしょう。
なぜこの作品は受賞したのか? どうして万引き家族なのか? そんな疑問を持ったまま上映がスタートしたのですが、あっという間に世界観に引き込まれ、切なくも素晴らしい作品だったのです。では物語から。

→ 続きを読む

ギャグとラブのバランスが素晴らしい映画『50回目のファーストキス』は原作を丁寧に描いた作品 / 長澤まさみと山田孝之の告白シーンも見所だよ

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、レビューをします。

今回ピックアップするのは映画『50回目のファーストキス』(2018年6月1日公開)です。主演は山田孝之と長澤まさみ。そして監督はドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズや映画『銀魂』などの人気監督、福田雄一。今までコメディ作品を中心に作ってきた監督がまさかの正統派ラブストーリー映画を演出? 皆目見当がつかずに見に行ったのですが……福田監督の演出力に脱帽しました。まずはあらすじから。

→ 続きを読む

主役のコナンを食うほどの人気「安室透」の魅力とは!? 7週連続1位の大ヒット映画『名探偵コナン ゼロの執行人』にハマる理由を探ってみた

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回は大ヒット中のアニメ映画『名探偵コナン ゼロの執行人』をピックアップ。本作は劇場版のコナンシリーズ22作目だそうですが、私は初めて鑑賞しました。公開してから6週連続1位! オトナもハマる『名探偵コナン』の魅力とは? ネットで話題の100億の男とは? というわけで見てきました。

→ 続きを読む

映画『のみとり侍』は阿部寛とトヨエツの愛のテクニックに注目! 女性も笑って楽しめちゃうお色気シーンが満載だよ

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは阿部寛主演の時代劇『のみとり侍』です。第1週の興行成績が第3位という良いスタートを切った本作。”江戸時代の『娼年』”という噂もあるので、色っぽいシーンが多そう。阿部寛のセクシーな映画って珍しくて「松坂桃李を超えるのか?」と期待を胸に劇場で見てきました!

→ 続きを読む

【正直レビュー】可愛いイメージで観ると大やけどする映画『ピーターラビット』は日本語吹替え版がオススメ! 千葉雄大の声が、暴走するピーターにぴったりです

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回の本音レビューは『ピーターラビット』(2018年5月18日公開)をピックアップ。以前、Pouchでも記事化されていたのでご存じの方も多いでしょう。すでに劇場公開もされ「かわいい!」「モフモフ感がハンパない」「すっごく笑える」と評判は上々のようです。

その一方で「違和感を感じた」という声も。実は私も映画『ピーターラビット』の字幕版を試写で見たとき「こんな風に実写化しちゃってよかったの?」と思ったのです。ではまず物語からいってみましょう。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 24