映画『となりのトトロ』に出てくるネコバスのパンを作って注目を集めているのは、ツイッターユーザーのizuyo(@izumickey0719)さん。

金太郎あめのように切っても切ってもネコバスのお顔が出てくるパンで、ツイッターに投稿されるや、3万6700超もの「いいね」を集めているんです。

「天才ですか?」「本当によく出来てるなぁ〜」といった具合にコメントもたくさん集まっているんです。

【一見ギョッとするような見た目なんだケド…】

切る前のネコバスパンの端っこは、ちょっとビックリするような見た目。目はぎょろりと飛び出て、歯もむき出し状態なのですが……。

カットすると、かわいらしいネコバスのお顔が出てきたから、さらにビックリ! このギャップもまた、 “ネコバスパン” の魅力の一端を担っているような気がします。

 

【こだわりのポイントなどを聞いてみました】

パン屋さんで売られていてもおかしくない。いや、いっそのこと売ってほしいとさえ思ってしまう、愛嬌たっぷりのネコバスパン。

izuyoさんいわく、作るきっかけとなったのはSNSとのこと。インスタグラムで見かけて「おもしろそう!」と思ったことから、こういったパンを作り始めたのだといいます。

またネコバスパンを作るうえで難しかったポイントは「口とヒゲ」で、こだわりポイントは「色と目」だそう。

どの要素もネコバスを再現するには欠かせないものですし、妥協しなかったからこそ、みんなに愛されるネコバスパンができあがったのでしょうねぇ。

【ほかの「金太郎あめパン」もかわいい~♡】

izuyoさんはかわいいパン作りの名人で、今回のような金太郎あめパンを、ほかにもたくさん作っているんです。

モチーフとなっているのは、トトロや『千と千尋の神隠し』のカオナシ、ミッキーにピカチュウとさまざまで、どれも目を見張るほどそっくり~!

ツイッターにたくさんアップされているので、あわせてご覧になってみてくださいっ。

参照元:Twitter @izumickey0719
執筆:田端あんじ (c)Pouch
Photo:@izumickey0719 , used with permission.