いつの時代も、流行を生み出すのは女子中高生を中心とした若い女の子たち!

というわけで今回注目したのは、女子中高生向けのマーケティング支援などを手がけるAMFが発表した、「JC・JK流行語大賞2019」「2020年JC・JKトレンド予測」です。

ヒト・モノ・アプリ・コトバの4部門に分かれていますが、さてあなたは、一体いくつわかるかな~!?

【2019年の各部門1位は!?】

今年流行ったものを振り返る「JC・JK流行語大賞2019」の各部門1位に選ばれたのは、次のとおり。

ヒト部門:Official 髭男dism
通称 “髭男(ヒゲダン)” と呼ばれる人気4人組のピアノポップバンド。YouTubeやサブスクを通して女子中高生の間で大流行。

モノ部門:ハンドクラップダンス
2週間で10kg痩せるとされる韓国YouTuber発のダンス。激しい動き、簡単な振り付けと楽曲のノリやすさで文化祭や体育祭で踊られることも。

アプリ部門:SODA
撮影する瞬間から“盛れる加工” ができると大人気の女子中高生定番アプリ。写真を撮るときはこれを使うのが暗黙の了解なんだとか……。

コトバ部門:ぴえん
泣き声「ぴえーん」を省略した、残念な出来事が起きた時に使う言葉。

これらすべてに「わかる!」「よく使った~!」と感じる人は、もはや女子中高生も同然(?)。というのもアラフォーの私は、4人組バンドのOfficial 髭男dismさんしか知らなかったデス……。ぴえん。

【2020年の流行予測はどうなる…?】

えー、気を取り直しまして。続いてチェックするのは来年ブレイクするものを予想した「2020年JC・JKトレンド予測」。

女子中高生のみなさんが「これから来る!」と感じているヒト・モノ・アプリ・コトバで、それぞれノミネートされたのは

ヒト部門:末吉9太郎、杉野遥亮、SIRUP、Yoshi、なこなこカップル、鹿の間

モノ部門:中華メイク、ネップリ、カンナロゼ、鬼滅の刃、チーズボール、モッパンセット

アプリ部門:第五人格、Disney DELUX、人工無能、Charge spot、Aliexpress

コトバ部門:網紅、湧いたー!、397、〇〇ち、〇〇しか勝たん、(〇〇の人格)

となっております。来年のトレンドをいちはやく取り入れたいなら、今のうちにチェックしておくといいかも……。

【2020年は「オタクあるある動画」のアノ人がブレイク!?】

個人的に注目したいのは、ヒト部門にノミネートされた末吉9太郎さん。

現役アイドルでありながらアイドルオタクだという末吉さんは、実体験に基づいた「オタクあるある動画」をツイッターにアップし続けている方。

「アイドルファン・よしえ」に扮した末吉さんがオタ活しまくる動画はじわじわ人気を集めていて、2019年12月3日時点でのフォロワー数は12万7000超にまでおよんでいます。

末吉さんは、コトバ部門にノミネートされた「沸いたー!(テンションがあがって興奮すること)」の火付け役としても知られており、2020年を象徴する顔となる可能性もあり! 今後の活動・活躍から、目が離せません~っ。

そのほかのノミネート語は参照サイトをチェック。どれがバズるのか、予測してみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリースTwitter @9taro_cubers
執筆:田端あんじ (c)Pouch
Photo:ぱくたそ

▼末吉さん、実はかなり前からファンでした~! 湧いた~!