毎年、数々のトレンドが世の中に生まれては消えていく中、先日発表されたのは「2020年上半期インスタ流行語大賞」。もう上半期終わったのか……。

さて、こちらは流行語・芸能人・YouTuber・SNSアカウント・モノ/コトという6つの部門に分かれているんですが、アラフォーの私にとってはもはや「初めて聞いたよ!」なんて単語もあって軽く涙目。

パパラピーズ、ぱおん、トゥンカロン……っていったい何……。皆さんはこの中の流行語、いくつご存じでしょうか?

【ぴえんは知ってるけど、「ぱおん」とは……】

インスタグラムメディアのPetrelが半期に1度実施しているトレンド調査「インスタ流行語大賞」。まずは「流行語部門」から見てみると……。

1位は「ぴえん」。これはSNSなどでもよく使われているので、私も知っていましたよ! “(涙)”といった意味で、かわいく泣きたいときなんかに使う言葉ですよね。

しかし4位の「ぱおん(ぴえん超えてぱおん)」とは……?

これ、「ぴえん」の上位互換の言葉で、ぴえんをさらに強調したいときに使うんだとか。人気YouTuber「まあたそ」の発信から流行してるそうですよ!

8位の「しか勝たん」も最近SNSでよく見かけるけど……これ、もとは「推ししか勝たん」という推しメンを称賛するフレーズだった様子。もはや一般にも広まって市民権得てきてますね!

【いま最も勢いのある男女2人組ユーチューバー】

YouTuber部門の1位に輝いたのは「パパラピーズ」。ぽっちゃり系男子の「じんじん」と関西弁ツッコミが特徴の女子「タナカガ」の2人組ユーチューバーです。

わたしも動画を視聴してみましたが、インパクト抜群のキャラクターとテンポのよいかけ合いが面白くて、観てるとクセになっちゃうのもわかる~!

2018年にデビューしてわずか2年ほどでチャンネル登録者数が約100万人ということからも、勢いのほどがうかがえますね。

ほか、2位のフワちゃんは「芸能人部門」でも堂々1位を獲得しています!

【韓国発のマカロンがジワジワとブームに】

「食べ物部門」で気になったのは、謎の響きを放つ「トゥンカロン」

こちらは韓国式のマカロンで、キュートなカラーやクリームたっぷりのふとっちょなフォルムが特徴だそう。

あかん……完全にタピオカミルクティーでトレンドが止まってましたが、時代はトゥンカロンらしいです、トゥンカロン。

【2020年上半期の流行語をひと目でチェック!】

ほかには「100日後に死ぬワニ」「どうぶつの森」といった盛り上がったコンテンツの名前も。

また、「おうち時間」「ソーシャルディスタンス」「密です」など、今のご時世を象徴するようなものもしっかり流行語としてランクインしていました。

「2020年上半期インスタ流行語大賞」の詳しいランキングは、ぜひ参照元からご覧くださいね~!

そして気づけば2020年前半ももうあと少しで終わりなことに愕然。さて、下半期はどんな流行語が生まれるんでしょうか?

参照元:プレスリリース
執筆:鷺ノ宮やよい (c)Pouch

This slideshow requires JavaScript.