オーストラリアで発生した大規模な山火事によって、多くのコアラが被害に遭っています。

今回注目したいのが、野生のコアラの保護や研究を行う「オーストラリア・コアラ基金」。この活動に対して、ロッテが売上の一部を支援しているそうなんです。

【「オーストラリア・コアラ基金」ってなあに?】

今回のような山火事やハンティング、都市開発などで、数が減少し続けているコアラ。

そうした悲劇を再び起こさないよう設立されたのが「オーストラリア・コアラ基金」で、ロッテはコアラのマーチが10周年をむかえた1994年から活動を応援しているそう。

【20年以上前から支援を続けています】

今回の山火事がきっかけではなく、20年以上も前から支援を続けてきたということ。

コアラの保護や研究には時間とお金がかかるため、ロッテをはじめとする多くのスポンサーや善意ある人々が活動を支え続けているそうなんです。

ロッテのホームページには、「オーストラリア・コアラ基金」に直接募金できるよう、リンクが設けられています。気になった方はぜひチェックしてみてください。

今なお鎮火していない山火事では、コアラだけでなく多くの動物・人々が犠牲になっています。1日も早く事態が収まることを願ってやみません。

参照元:ロッテ コアラのマーチ公式サイト
執筆:田端あんじ (c)Pouch
Photo:(c)Pouch